So-net無料ブログ作成
試合メモ ブログトップ
前の10件 | -

20190618 ●中2-16西 4点が8点、8点が16点!名古屋で山賊大暴れ [試合メモ]

テキ|004 040 800|16
----+---+---+---|-
ウチ|002 000 000| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061804/top

ビジター6戦をもったいない負けはありつつも4勝2敗で乗り切り
今日からは地元で交流戦ラストスパートと行きたいところ。



山賊として名高いライオンズ打線を迎え撃つのは阿知羅。
ヒゲの風貌だけならこちらの方が山賊っぽいです。

なんとか序盤は0点でしのぎますが、3回に阿知羅が捕まります。
秋山ヒット→源田3塁打→外崎犠牲フライであっという間に2点を失うと
山川・中村にそれぞれホームランを打たれ4失点。ライオンズの上位打線はスイングが速いですね。

しかしドラゴンズも反撃します。ヒットとフォアボールでチャンスを作って
大島タイムリー→ビシエド犠牲フライで2点を返します。
ここまでは同じような攻撃ができていたのですが、ここからの差はひどいものでした。

5回表、外崎がソロホームラン。「ナゴヤドームでなんでこんなポンポンホームランが出るの・・・」
などと思ってるうちに連打でさらに追加点が入り2-7とリードされ阿知羅がKO。
福にスイッチしますがこの後さらに1点入り、6点差。

こうなると正直捨て試合で勝ち継投を温存、としたかったのですが
5回裏は9番福からということですぐに代打、そして6回からは伊藤準規を投入。
うーん、福は8番などに入れて(キャッチャーも加藤あたりに替えてしまって)
福・伊藤で2イニングずつくらい投げさせた方が良かったんじゃないかな・・・

このあとはもう目を離してしまっていたのですが、しばらくたって経過を見ると
なんと7回表に8点も取られていました。何があったんだ・・・
どうも普通に連打をくらったらしく、これで伊藤準規も交代。
結局こんな大敗の展開で谷元・祖父江・岡田まで使う羽目になってしまいました。

交流戦でセがパに優位なところがあるとすれば、普段からピッチャーが打順に入ってることで
打順を調整しながらのピッチャー交代に慣れているところだというのに、
それすら上手く使うことができず、ではちょっと勝ち目がないですね。

まあ14点差の大敗も勝ち目前からの逆転サヨナラ負けも同じ1敗、と割り切って
明日からの2試合を渋く勝ちにいきましょう。



nice!(0)  コメント(0) 

20190617 ○中5-4ロ 悪夢がよぎるもギリギリ逃げ切り。なんだかんだで敵地勝ち越し [試合メモ]

ウチ|000 401 000| 5
----+---+---+---|-
テキ|020 000 200| 4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061701/top

悪夢のような敗戦から一日。今日は雨天中止となった土曜の振替試合です。
昨日の劇的な試合もあり、月曜に唯一行われるカードということで
現地の観客は少ないものの無駄にネットでの注目が集まる試合となりました。

先発はロメロ、相手はプロ初先発新人左腕の中村稔弥。
はじめて見る投手ですが、テイクバックが小さく、左腕が見えにくい独特なフォーム。
こりゃ初見ではきつそうだな・・・と見ていると3回をパーフェクトピッチング。
初物に手こずるなか、2回裏には中村奨吾に2ランホームランを打たれ先制されます。

初見では厳しそうと思った中村稔弥ですが、2巡目となった4回にドラゴンズ打線が捉えます。
先頭井領が内野安打で出ると阿部がフォアボールでつなぎ、
大島・ビシエドが連続タイムリー。さらに福田の内野フライをセカンド中村が落球し3点目、
藤井がタイムリーツーベースで一気に4得点と逆転に成功します。

6回には大島がデッドボールからの盗塁、すかさずビシエドがタイムリーと
綺麗な形で追加点も入り、5-2とリード。昨日のことがあるのでリードがあったらあったで不安です。

6回までヒット1本と好投したロメロですが、7回にはスタミナが切れてきたか
タイムリー2本で2点を失い、7回4失点。点数もですが今日は7回まで投げてくれたのが何よりです。
とはいえ1点差で逃げ切れるのか不安でいっぱいですが、
今日は8回からリリーフ投手に加えリリーフキャッチャー武山も追加。
昨日打たなかった手を打ち、万全の逃げ切り体勢をとります。

8回のロドリゲスは1,2塁とピンチを招きますが最後は清田を三球三振でピンチ脱出。
いよいよ本日のメインイベント、9回裏に突入します。

昨日は緊急登板で思うようなピッチングができなかったRマルティネスですが
今日もいきなり岡に2ベースを打たれ、暗雲がたちこめます。
続く田村のバントはキャッチャー前に。これを武山が3塁に投げますがセーフ。
いやいや全然間に合うタイミングじゃないしファーストアウトでいいでしょ・・・
これ1点を惜しんで2点取られるときのパターンやんけ・・・
田村の代走三木が盗塁を決めてノーアウト2,3塁。あっという間に絶体絶命です。

しかしここからが昨日とは違うところ。
まず難敵・荻野をストレートで三振に取ると
藤岡のショートゴロを京田が好返球でホームアウト。これで2アウト1,3塁。
ここで昨日のヒーロー・鈴木大地を迎え両応援団大盛り上がりとなりますが
8球に及ぶ勝負は最後フォークで空振り三振。なんとか、なんとか逃げ切りました。

いやーひとつ勝つのって本当に大変ですね。
今日はロメロ→ロドリゲス→マルティネスのリレー、ビシエドもタイムリー2本と
ドラゴンズのカリビアン祭りとなりました(ヒロインの通訳もルイス君だったし)。

なんだかんだで敵地で2カード連続勝ち越し。
負けた2つも9回の逆転サヨナラなので、普通にやってれば6連勝だったんじゃないの・・・
という気もしないことはないですが、今日は素直に喜んでおきましょう。
これで交流戦は5勝7敗。明日からのナゴヤドーム6戦で最低5割には乗せたいですね。



タグ:ロッテ
nice!(0)  コメント(0) 

20190614 ○中4-1ロ ちゃんとした投手戦!周平復活&柳完投で快勝 [試合メモ]

ウチ|000 100 003| 4
----+---+---+---|--
テキ|000 000 100| 1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061404/top

今日からは千葉でマリーンズと3連戦。
今日は習志野応援で千葉ユニフォーム、土曜はユニフォーム配布(あのジャカジャカしたやつ)
日曜はマリンフェスタとすべてイベントデーな3連戦です。
うーん、イベントやるのはいいんだけどその分チケット高くなる(ビジターにはユニ配布ないのに)
のと、やっぱり千葉に来たらずらっと揃ったピンストライプを見たかった気はします。
こっちは2年に一回しかチャンスないのですよ・・・?

さてそれはさておき試合は柳と二木の好投でサクサク進みます。
オリックス戦もロースコアでしたが、あの時はお互いの攻撃ミスが目立ったので
今日はそれに比べてちゃんと投手同士が投げ合ってるなあという印象。

4回に今日5番に下がった高橋周平がタイムリーでドラゴンズが先制、
7回に習志野応援に乗ってレアードがホームランでマリーンズが追いつきます。
その後のピンチでの大飛球を松井佑介がなんとかキャッチするなど緊迫した展開は続き
お互い先発が投げ合ったままいよいよ9回へ。

9回表、1アウトから大島がフォアボールで出ると盗塁&悪送球で3塁へ。
ここで4番に戻ったビシエドが低めを上手く拾ってレフト前タイムリー。
勝ち越しに沸いていると続く周平が2ランホームラン。
一気に3点を勝ちこすと、裏は柳がしっかり抑えて1失点完投勝利です。

いやー今日は柳がすばらしかった。
オリックス3連戦でリリーフ総動員だったので、ここでの完投は本当に大きい。
そして4番ビシエド5番周平に戻してそれぞれが活躍。
この調子で土日も・・・と思いましたが土曜は中止だそうです。
ユニフォーム配布で完売だった土曜の試合が流れて直後の月曜に振替って
売上的にダメージ大きいんでしょうねえ、ユニフォーム配布はもっと後で再実施になるんだろうし。



タグ:ロッテ
nice!(1)  コメント(0) 

20190613 ●中5-6xオ 仲良し対決ラストはまさかの逆転サヨナラ [試合メモ]

ウチ|000 000 302 |5
----+---+---+---|-
テキ|000 000 303x|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061305/top

2連勝で迎えた京セラドーム最終ラウンド。
3タテを狙うドラゴンズは山井、バファローズは新人の荒西。
仕事で見られなかったのと終盤いろいろありすぎたのとで前半はざっくりと
ドラゴンズはランナーを出しつつも得点できないいつものパターン、
バファローズは年に数度の神懸った山井のピッチングの前に初回以外ノーチャンス。

かくして迎えた7回。昨日の「打てそうで打てない先発が降りた途端に試合が動く」のパターンで
1アウト満塁とチャンスを作って周平の内野ゴロで先制。
さらに福田が珍しく渋い打球をセンター前に運んで2点を追加。3点を先制します。

その裏、ロメロがホームランを打つとここで山井から岡田にスイッチ。
しかしその岡田が打たれ1点差となると祖父江も伏見に犠牲フライを打たれ同点。
あっという間に同点になってしまいました。山井は球数的にもうちょっとでも良かったかもですね。

そして同点のまま迎えた9回表、クローザー増井から2アウト1,2塁とすると
福田がセンターオーバーのタイムリーツーベースで2点を勝ち越し。
今度は福田らしいタイムリー。昨日までと同様、終盤に勝ち越します。

しかし昨日と違うのはここから。マルティネスは3連投の影響か今一つボールが弱いです。
1アウト1,2塁とすると福田・西野に連続フォアボール。クリーンナップ前に押し出しで1点差とされます。
そして怖い怖い吉田・ロメロ。吉田は内野ゴロに打ち取りますが同点とされ、ロメロ。
普段のマルティネスなら敬遠して満塁で次打者勝負ですが、今日のコントロールでは押し出しが怖い。
ということで勝負に出ますが、ロメロの打球はレフト前に。
逆転サヨナラで敗戦、敵地3タテを目前で逃してしまいました。

うーん勝てたゲームだけにもったいなかったですね。
3連投のマルティネスは責められませんが、そもそも昨日4点差で投げてますからね。
明らかにストレートがいつもの速度ではなかっただけに、昨日投げてなかったら・・・と思わせる展開でした。

さて明日からは千葉です。なんでも習志野高校が応援に来るとか。
よーしそれならこっちは東邦だ!と言いたいところですが、東邦はロッテのチャンテとか使うんだよなあ・・・



タグ:オリックス
nice!(0)  コメント(0) 

20190612 ○中6-2オ 野球下手どうしの仲良しバトル。今日も8回に勝ち越して連勝 [試合メモ]

テキ|010 010 040| 6
----+---+---+---|-
ウチ|002 000 000| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061205/top

昨日は接戦を制したドラゴンズ、今日も勝って敵地勝ち越しといきたいところ。
先発は大野雄大と、西の人的補償でタイガースから移籍の竹安。
2017年にドラゴンズがプロ初、そして現時点で唯一の勝利を献上しています(リリーフでしたが)。

試合は序盤からドラゴンズが竹安を攻めて押し気味に試合をすすめます。
ただし、2回に加藤のタイムリーで1点を取った以外はバント失敗やら強行ゲッツーやらで失敗続き。
なんだか毎回チャンテやってるのに1点しか入っていないというカロリーと点があっていない展開です。
一方でバファローズは3回にヒット3本を集めて1-2と逆転。

それでも5回、井領2ベース・三ツ俣の進塁打でチャンスを作ると大島のタイムリーで同点。
もうちょっと守備の上手いレフトだったら犠牲フライすら怪しい当たりでした。
しかし続く周平は正面のセカンドゴロゲッツーで勝ち越しならず。

その後もドラゴンズがノーアウト1,2塁のチャンスを作るも藤井がバント失敗からの強行でゲッツー、
三ツ俣の負傷でセカンドに入った阿部がいきなりのエラーでピンチを作るも
ロメロが注文通りのゲッツーでピンチ脱出、となんだかどっちも野球下手だなあ、という攻防。

そんな下位チームどうしの仲良しバトルが決着したのは昨日と同じ8回表。
デッドボールとヒットで満塁のチャンスをつくると京田がレフト前に運んで勝ち越し。
さらに1番井領が今日4安打目となる走者一掃のスリーベースで一気に4点です。

ここからの継投も昨日と同じ。8回ロドリゲス9回マルティネスで無事勝利。
いや今日は井領がすごかったですね。正直井領三ツ俣の1,2番には不満だったのですが
今日の井領の出来には掌をひっくり返してのベタ褒めです。

まあもうちょっと楽に勝てた試合だったんじゃないの、というのは置いといて
敵地京セラドームで勝ち越しを決めました。こうなると欲が出ます。3タテ狙いましょう。



タグ:オリックス
nice!(1)  コメント(0) 

20190611 ○中2-1オ 投手戦を制し久々にロースコア接戦に勝利 [試合メモ]

ウチ|010 000 010|2
----+---+---+---|-
テキ|000 001 000|1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061105/top



2カード連続の負け越しとなった交流戦、今日からは
京セラドームでオリックスバファローズと3連戦です。

先発は先週福岡でホームランを打たれまくった阿知羅、
対するは今期すばらしいピッチングをしながらなかなか勝ち星に恵まれない山本由伸。

山本は噂通りの良いピッチングを見せますが、2回に連打でなんとか1点を取ります。
ここで1点どまりなのが残念でしたが、好投手から1点リード。
この1点を阿知羅が大事に大事に守りますが、6回に2アウトから2番中川に三塁打。
ここで吉田を敬遠しロメロ勝負、のところでピッチャーは谷元に交代。
しかし谷元はロメロを歩かせるとなんと次の小島にもフォアボール。
福岡に続いて押し出しを与えてしまい、同点とされます。

続く満塁のピンチは替わった岡田が抑えなんとか同点どまりでしのぎますが、
阿知羅続投でも良かったんじゃ、結局岡田使うなら左の小島のところからで良かったんじゃ、
ってか小島へのラストボールストライクじゃね?井領もあの当たりを3塁まで行かせちゃダメだよ
といろいろ悔やまれるイニングとなりました。

さてこれは山本が下がったら試合が動きそうな感じですね・・・と思っていると
予想通り山本から近藤に替わった8回にチャンスがやってきます。
2アウトから今日スタメンの三ツ俣(そういえば元オリックスですね)がフォアボールで出ると
ワイルドピッチで2塁へ。このタイミングで代走・亀澤が起用されます。
すると大島のライト前ヒットで亀澤が見事に生還。
正直三ツ俣も足速いのに代走?と思っていましたが、このスライディングは流石亀澤ですね。
采配がばっちり当たって終盤に勝ち越します。

このあとはロドリゲス・マルティネスが揃って三者凡退。
なんだか久しぶりにロースコアの競った展開で勝利した気がします。
明日は大野と、阪神から移籍の竹安。まずは竹安がどんなピッチャーだったか予習しましょう・・・



タグ:オリックス
nice!(0)  コメント(0) 

20190609 ●中2-5楽 どうしたナオミチ!守備ミスから失点しセリーグ一人負け [試合メモ]

テキ|003 020 000|5
----+---+---+---|-
ウチ|000 100 100|2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019060904/top

金曜は大勝、土曜はロースコアで競り負けで1勝1敗となった3戦目。
外出で試合を見られなかったのでさらっと。

先発の清水はまあまあの立ち上がりを見せますが、3回表に1アウト1,2塁のピンチ。
ここでセカンドゴロに打ち取ったものの、堂上が1塁ランナーを空タッチでゲッツー取れず。
ボールを投げるかランナーにタッチするかでなぜかボールを持ってない左手でタッチしてしまいました。
2,3塁となって浅村の打球は二遊間へ。堂上が今度は上手く捕球しますが
無理な体勢から1塁に投げた送球が逸れ、2失点となってしまいました。
ちょっと堂上らしくないミスが出てしまいましたね。堂上は2回にもエラー、
攻撃でもノーアウト1,2塁のチャンスでバント失敗と、今日は上手くいかない日でした。

清水はその後も失点し、5回途中5失点(自責点3)。
守備ミスのあった3回はともかく5回の四死球がもったいなかったですね。

打撃は美馬からチャンスをつくるものの得点に結びつかず、周平と井領のタイムリー2点のみ。
得点シーンはどちらも連打で1点取ってなおノーアウトでチャンス、という場面だったのに
結局その後たたみかけられず1点どまりになってしまったのが惜しい。
こういうところで複数点取れないのが上位チームとの差ですね。

しかも今日は他のセリーグチームが揃って勝ったので、セリーグ一人負けです。
リーグ全体ではあんまりにもパに負け続けるのは嫌ですが、それにしても一人負けは嫌なものですね。



タグ:楽天
nice!(1)  コメント(0) 

20190608 ●中1-2楽 ナゴド野球を相手にやられ、投手戦落とす [試合メモ]

テキ|010 000 100| 2
----+---+---+---|-
ウチ|000 001 000| 1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019060804/top

昨日は快勝で迎えた対イーグルス2試合目。
先発はロメロと岸。タイプは違うものの好投手どうしということで
予想通りロースコアの展開となります。

ロメロは2回にコントロールを乱し満塁とし、小郷の内野ゴロで1点を失いますが
それ以外は球数こそ多いものの安定したピッチング。
一方の岸もさすがの好投で5回まで無失点。毎年イーグルス戦は岸に苦しめられますね
(なんならライオンズ時代から岸をまともに打てた記憶がありません)

ようやくの反撃は6回裏。2アウトから大島がヒットで出ると盗塁を決めて2アウト2塁。
ここで高橋周平の内野安打が出ると大島は一気にホームへ。三塁をまわった時点では
微妙なタイミングでしたが流石の俊足。タッチをかわしセーフになり同点です。

しかしその直後の7回表。先頭辰巳を2塁打で出すとバントできっちり3塁に進められ、
1アウト3塁から小郷にスクイズを決められて勝ち越されてしまいました。
ランナーの辰巳のスタートが完璧だったのでバントを当てられた時点でもうどうしようもなし。
スクイズを決めた小郷、ランナーの辰巳、送った太田とすべてルーキーなのがまた驚きです。

勝ち越された1点を追いかけるドラゴンズですが、8回はブニセッツ9回は松井裕樹と
イーグルスのリリーフ陣からチャンスすらつくれずそのまま敗戦。
先発がきっちり抑え、内野ゴロやらなんやらで地味ながらも得点を取り、鉄壁のリリーフ陣が
そのリードを守る。というまるで落合政権後期のような野球をイーグルスにされてしまいました。

明日は勝ち越しをかけて清水が美馬に立ち向かいます。
今度はこちらの若者に頑張ってもらいましょう。



タグ:楽天
nice!(1)  コメント(0) 

20190607 ○中13-3楽 おじさん大活躍からの大勝で交流戦初勝利 [試合メモ]

テキ|001 000 011| 3
----+---+---+---|--
ウチ|130 312 21x|13

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019060704/top

福岡で3連敗と最悪の交流戦スタートとなったドラゴンズ。
今日からは名古屋に戻って楽天イーグルスと3連戦です。

先発の柳があっさり初回を三者凡退で片づけると
楽天先発の辛島はコントロールに苦しみ、3四球&押し出しで先制。
続く2回には先頭の武山が二塁打で出ると柳のバントが野選になり
できたチャンスで一軍に上がったばかりの藤井が3ランホームラン。
豊橋開催を待たずに一軍登録したベテランがいきなりの活躍を見せます。

武山・藤井のおじさん二人の活躍で4-0とリードすると、この後も攻撃陣が絶好調。
4回には周平が低めを上手く打ってタイムリー。さらにその後も得点を重ねて久々に二桁得点。
シングルヒットばかりではなくフォアボールと長打というドラゴンズらしからぬ展開ができました。

終わってみれば12安打で13点。珍しくヒット数を得点が上回る結果に。
一方で柳は7回1失点と、球数は多いながら安定したピッチングを見せました。
リリーフの福と田島が今一つ信頼のおけないピッチングだったのが不安ですが、
今期最多得点で福岡の鬱憤を晴らす快勝となりました。これでようやく交流戦初勝利。
明日は好投手の岸が相手ですが、反動がないようバシバシ打ってもらいたいです。



タグ:楽天
nice!(0)  コメント(0) 

20190606 ●中4-6ソ リクエスト判定には不満あり、その裏の采配にはもっと不満あり [試合メモ]

ウチ|000 210 010| 4
----+---+---+---|--
テキ|201 001 02x| 6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019060606/top

3連敗は阻止したい福岡3連戦最終日。今日もルーフオープンデーです。
えーと終盤にいろいろありすぎたので前半はすっ飛ばします。

・今日もグラシアル&デスパイネがホームラン
・ビシエドと阿部のタイムリーで追いつく
・山井のあとを受けた谷元が痛恨の押し出し
・8回に屋根を閉める予定だったけど思ったより雨が降るの早くて7回にはグラウンドに雨が

そんなこんなで3-4とリードされて迎えた8回表。
先頭、途中出場の武山が左中間スタンドに同点のホームラン。
いやー会心の当たりでした。狭いから狙ってけば誰か打つやろ、と思いましたがまさか武山とは。

そして2アウトから問題のシーン(その1)が。
大島の打球はライトフェンスの上部に当たり大きく跳ね、
ボールが点々とする間に大島は3塁まわって一気にホームに向かいます。
クロスプレーの結果判定はアウトになりますが、リクエストにより審議に入ります。
長い審議の間、リプレイを確認するとどうもセーフっぽい。
タイミングは微妙なもののタッチをくぐっているように見えます。
さらに言えば高谷のミットにはボールが入っておらず、右手に持っているように見えました。

・・・しかし、審議の結果判定通りアウト。これはちょっと疑問でしたね。
試合後の審判団コメントによると「100%の確証のある映像は見つからなかった」とのことですが
グラブタッチが先かベースタッチが先かの判定を覆すだけの確証がなかったってのはわかります。
でもボール持ってるのが右手だったというのは映像見たらわかるんだから、
グラブタッチのタイミングを基準にしてアウトとした判定は覆せるんじゃないんですかね?

まあでも審判団の結論がアウトならばそれはしょうがないです。
おおいに不満ですが、それは球団側から意見書なりなんなり対応してもらいましょう。

問題のシーンその2はその裏です。
2アウトからロドリゲスがランナーを出し1,2塁とされ、打者はグラシアル。
次打者はデスパイネの代走で出場している九鬼。
まあここはグラシアルはフォアボールやむなしでの攻めになるかな、と思っていると
ランナーの真砂・今宮がダブルスチール。これで2,3塁となります。
こうなればグラシアルと勝負する意味はない、敬遠で決まりだなと思ってよそ見してたら
なんとグラシアルとそのまま勝負し、フルカウントからタイムリーを打たれてしまいました。
(というわけでこのシーン見逃しました。どうせフォアボールだから思ったんですもん)

いやこの判断は本当にわからないですね。なんで九鬼じゃなくグラシアルと勝負?
次がデスパイネだとしても敬遠していい場面だし、1,2塁で次が九鬼でもフォアボールでいい場面です。
これを向こうがわざわざ盗塁して敬遠しやすくしてくれたのに、3ボールから勝負??
表のジャッジに不満たらたらでしたが、そんなの吹っ飛ぶくらいの大不満です。

ちなみに9回表はランナー出たものの無得点でそのまま敗戦。まあそれはこの際いいです。
気を取り直して・・・と言いたいですがこの采配はちょっとわからなさすぎますね。
首脳陣が全員デスパイネが下がってたことに気づいてなかった、くらいしか考えられません。

というわけでジャッジにも采配にも納得のいかない試合となりました。
明日以降の楽天戦ではこういう不満の残らないゲームにしてもらいたいものです。



nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | - 試合メモ ブログトップ