So-net無料ブログ作成

20190601 ●中5-6巨 【現地観戦】策がことごとく失敗。痛すぎる逆転負け [観戦日記]

ウチ|220 000 001 | 5
----+---+---+---|-
テキ|000 005 001x| 6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019060101/top

東京ドーム第2戦。昨日の快勝の勢いでカード勝ち越しを決めたいところ。
自分も試合前から立ち見エリアでスタンバイです。

昨日の勢いか、序盤からドラゴンズが押します。
初回にビシエドの2ランで先制すると、2回には阿部がタイムリーで4-0とリード。
あっという間に巨人先発メルセデスをKOします。
そしてドラゴンズ先発清水はランナーを出してはゲッツーという
なんだかものすごく都合の良い展開で試合が進みます。

清水は5回無失点で交代。球数的にはまだ行けそうでしたが、
5回裏にフォアボールでピンチを招いたのが嫌なイメージだったのでしょうか。

しかし6回のマウンドにあがった小熊が大乱調。ヒットとフォアボールでノーアウト満塁と
1つのアウトも取れずピンチを作ると、ここで慌てて田島に交代。
満塁になってから東京ドームを大の苦手としている田島、ということで不安が募ります。
そしてその不安がいきなり最悪な形で的中します。ビヤヌエバに初球ホームラン。
これで一気に同点。まあここからプレイボールだと思うしかないな、なんて言ってたら
2アウトとなったところで阿部が勝ち越しのホームラン。
阿部の400号メモリアルホームランをこれ以上ない場面で決められてしまいました。

序盤の得点以降はあっさりが続いていたドラゴンズは
8回表に大島・周平のヒットで1アウト1・3塁のチャンスを作りますが
ここで代打堂上が痛恨のショートゴロゲッツー。
うーん、どうも代打の切り札的ポジションに堂上を置いてるのが不可解なんですよねえ。
神宮でホームランを打ったもののポイントゲッターなタイプではないし、
澤村のあとは中川が出てくるんだし、ゲッツー回避の意味も込めて左の代打を出すべきだったのでは。

追い詰められた9回表に再びチャンスが。先頭井領がツーベースで出ると、きっちり送って3塁へ。
続く遠藤の打席でジャイアンツにバッテリーエラーが出てラッキーにも同点に追いつきました。
(この後遠藤にヒットが出たので、タイムリーで追いついた方が見た目かっこよかったのになあ)

追いついて喜んだのもつかの間、ロドリゲスが2アウトからランナーを出すと
盗塁で2塁に進まれ、坂本のタイムリーであっという間にサヨナラ。
うーんここも1塁空いたんだからもうちょっとボールで攻めて最悪丸勝負で良かったのでは。

・6回の継投(清水を下げるのが早い、リリーフが今まで勝ち継投で投げてない小熊・東京ドーム苦手の田島)
・8回の代打(井領・亀澤・渡辺を使わず、松井佑そのままでもなく堂上)
・9回の守備(1塁空いたのに坂本勝負、守備が前目になったところでライトオーバー)
と采配がことごとく上手くいかなかった日でした。
試合後現地でいろいろ話しましたが、レフトスタンド勢も不満たらたらでしたねえ。


nice!(0)  コメント(0) 

20190531 ○中7-3巨 【現地観戦】周平、猛打賞ならずも大活躍。効果的加点で快勝 [観戦日記]

ウチ|103 020 010| 7
----+---+---+---|--
テキ|100 011 000| 3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019053101/top

広島(+三次)で連敗、神宮で連勝、名古屋で連敗と
極端な結果で迎えた東京ドーム。順番通りなら3連勝ですが、どうなるでしょうか。

初回、大島の犠牲フライで先制するも大城がタイムリーですぐに同点。
正直アウトにして欲しいタイミングでしたが、坂本のスライディングが上手だったですね。

そして同点で迎えた3回には周平のタイムリーと押し出しデッドボールで4-1と勝ち越し。
(ちなみにこのあたり、自分は現地に向かっているのであんまりちゃんと見られてません)
さらに5回にはビシエド・周平の連続ホームラン!6-1とリードします。
水道橋から東京ドームに向かう道で早くも諦めて帰るジャイアンツファンとすれ違うのも
なんだか新鮮で、ちょっと誇らしさも感じていいですねこれも。

自分が現地に到着したのはこの裏。いきなりピンチで1点を失いますが、まあ1点なら。
次の回にも大城のホームランで1点入りますが、まあまだ3点あるし。
柳は結局6回3失点。なんだかんだ及第点のピッチングをするあたり、さすがです。

鈴木ヒロシがクローザー剥奪で空いた7回はどうするのかと思っていたら
今日は岡田から谷元。ここは日替わりでしょうかね。ピンチを作りつつも無失点でした。

さて後はロドマルをどういう順番で出すのかな、と思っていたら
遠藤がダメ押しのホームランで4点差。これでだいぶ楽になりましたね。
結局8回をロドリゲス、9回をマルティネスが締めて7-3で快勝。

周平は月間猛打賞記録には届かなかったもののホームラン含む2安打3打点。
平田・福田が怪我しビシエドにも長打が出ないなか、5月は完全に周平の月でしたね。
6月も引き続きの活躍を期待したいところです。もちろん別の野手陣にも。



nice!(0)  コメント(0)