So-net無料ブログ作成

20190330 ○中9-1デ 山井好投&二塁打ラッシュで今期初勝利 [試合メモ]

ウチ|001 304 100|9
----+---+---+---|-
テキ|000 010 000|1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019033001/top

昨日の大敗で迎えた開幕2戦目。
所用あってリアルタイムでは見られなかったのでDAZNで追いかけました。

3回、大野奨太がフォアボールで出ると山井がきっちり送って
1番平田がタイムリーツーベース。綺麗な点の取り方ができました。
続く4回には京山からナオミチ・周平・大野奨太の3本のタイムリーツーベースで3点。
二塁打ラッシュで4-0とリードします。

先発山井は球数も少なく良いピッチングでしたが、
5回裏にフォアボールを連発してノーアウト1・2塁とすると連続内野ゴロで1点。
ただこれはフォアボール連発の直後に初球打ち凡打を続けたベイスターズに助けられた感がありました。

ちょっと早いかなとは思いますが山井はここで降板。
しかし続く6回表、その山井の代打・福田にタイムリーツーベースが出るなど大量得点。
後を受けたリリーフ陣もほぼ危なげなく無失点継投で、9-1の快勝となりました。

というわけで開幕2戦目にして今期初勝利。ここ数年では一番早いのでは?
明日は柳、地元横浜での好投でカード勝ち越しを期待しましょう。



タグ:横浜
nice!(0)  コメント(0) 

20190329 ●中1-8デ 祝開幕!正月なんだからいろいろあっても怒らない、けど・・・ [試合メモ]

ウチ|000 000 001|1
----+---+---+---|-
テキ|000 000 26x|8

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019032901/top

あけましておめでとうございます!
(野球ファンには正月が三回ある、1/1とキャンプインと開幕)

というわけで与田監督のもと、横浜で開幕戦です。
開幕投手は笠原。キャッチャーに加藤とフレッシュなバッテリーで開幕を迎えました。
試合は笠原とベイスターズ先発今永との投手戦に。
ランナーを出しつつもなんとか打たせて取る笠原、大きなピンチもなく0を積み重ねる今永。
投手戦を繰り広げますが、いやいや表と裏でストライクゾーンの広さ違いすぎでしょ??
同じコースに見えるコースがことごとく今永はストライクになり、笠原はボールになる。
なんなら笠原の方が内側でもボールになる。そりゃランナーも出ますよ。

まあそんなこんなで笠原は5回無失点で降板。そりゃまあ球数も増えるよねって話ですが
そんな状況で無失点なのは立派です。5回はかなり危なかったし、ここでの降板はしょうがないでしょう。

後を継いだのは又吉。6回は問題なく抑えますが7回裏、
ヒットとフォアボール(なんでフォアボールになったか?そんなのわかるでしょ)
で満塁のピンチをつくり降板すると、替わった谷元が筒香にタイムリーを打たれ先制されます。

さらに8回、オープン戦で好投を続けていた田島が登板しましたが
守備ミスも続いて一気に大量失点。最後は筒香にホームランを打たれ試合が決まってしまいました。
9回に山崎から1点を返したのがせめてもの反撃、というなんとも情けない展開。

うーむ、正月だからいろいろあっても怒らない、ことにはしたいですが
色々と不満の残る敗戦となりました。まるっきり打線が(特に中軸が)打てなかったのも問題あり、
8回裏の遠藤の打球処理や内野フライのお見合いなどはちょっと酷かったですね。
まあ1敗は1敗、明日から仕切り直していきましょう。



タグ:横浜
nice!(0)  コメント(0) 

続・関東ドラゴンズファンから見た、2019プロ野球をネットで見る方法 [応援・グッズ]

先日書いた記事からちょっと状況が変わったので、まとめなおし。

DAZNとJSPORTSオンデマンドの比較で言うと、先日の時点ではこんな感じだったのです。
DAZNorJSPORTS01.jpg
ほぼ五分五分、どうしたものかなーと思っていたのですが、この後の決定で
・結局ナゴヤドームでの巨人戦はJSPORTSオンデマンドでも中継できなさそう
・ジャイアンツ主催試合をDAZNが中継すると発表
という変更があり、比較ではこんな感じ。
DAZNorJSPORTS1_1.jpg

DAZNorJSPORTS2_1.jpg

この2社ではDAZNが優位ですかね。
というわけで私は去年に引き続きDAZNを9月まで契約しようかなと。
あとはもうちょっとアプリがな・・・メニューとかちょっとサッカー優先すぎるんだよな・・・

それと、まったくノーマークだったんですがファーム戦をイレブンスポーツなる会社が中継するそうですね。
ドラゴンズ主催は当初中継なしとのことだったんですが、今日の発表で追加になりました。
先週ちょっと見てみましたが、ファームの試合ってあんまり見たことなので、
新鮮でなかなか楽しいです。ドラゴンズ戦に限らず、球場のローカル具合とか見るの楽しい。
https://elevensports.jp/



ただこのイレブンスポーツ、日本の野球に詳しいかというとじゃっかんの不安も。
というのも、本国版Webサイトでのサービスのリリース記事に使ってた写真がまったく謎の写真。
http://elevensports.com/eleven-sports-launches-new-streaming-service-in-japan/
どう見ても一軍戦なのは良いとして、メインに伊藤光、そしてその後ろには谷・・・??
去年トレードになった伊藤はともかく谷がいるってもう数年前ですよね・・・
(さらに後ろにいるのはたぶん縞田、この人ももうオリックスにはいない)
当然オリックスのユニフォームも今年のやつじゃないし。
うーん、もうちょっとちゃんとした写真なかったのかな・・・


nice!(1)  コメント(0) 

関東ドラゴンズファンから見た、2019プロ野球をネットで見る方法 [応援・グッズ]

※この後状況が変わったので追加記事あります
https://leftstand-dragons.blog.so-net.ne.jp/2019-03-25

開幕まであと1ヶ月を切りました。
オープン戦も始まり、いよいよ本格的に球春到来ですね。

しかしながら、ネット中心に生活をしているプロ野球ファンにとって
2019年はなかなか厳しいことになりそうなのです。
私のネット観戦の変遷で言うと、2017はスポナビライブ。
そして2018年にスポナビライブが閉鎖し、それを引き継いだのはDAZNでした。
DAZNに替わったことでアプリが使いにくくなったり一覧がサッカーメインになったり
細かく不満はあったものの(遅延もあったものの)、
ジャイアンツ主催以外はネットで見られるのでひとまず利用してきたのですが
2019年になり、スワローズ主催・カープ主催がDAZNで見られなくなってしまいました。

DAZN、ヤクルトと広島カープのホーム戦は「放映権が取れなかった」 サイトからロゴが消えファン困惑



ジャイアンツ主催は去年からDAZNでは見られなかったので、これでDAZNで見られるのは
ベイスターズ主催・ドラゴンズ主催・タイガース主催だけになってしまいました。
そしてタイガース主催は(これはスポナビライブ時代からですが)5分ほど遅延しますし
ドラゴンズ主催も中京圏地上波との兼ね合いでジャイアンツ戦では中継がなかったりします。

一方、他のネットサービスもこれと言ってめぼしいものはありません。
JCOMスカパーのオンデマンドではほぼ全試合見られますが、テレビ側の契約が必須。
巨人・阪神・ヤクルトは独自でネット視聴手段がありますが、当然自球団のみ。
そんな状況のなか、唯一対抗馬としてあげられそうなのは、JSPORTSオンデマンド。
https://jod.jsports.co.jp/category/index/baseball
広島・中日・オリックス・楽天の主催試合がPCスマホで見られるらしいし
ドラゴンズ主催に関してはジャイアンツ戦も含めた全試合をカバー。
・・・とはいえ、セは2球団だけなんだよなあ・・・

各地域のメディアに強いのでサブ的に契約しておくと便利なradikoプレミアムを加えると
現状、地上波で見られない中京圏以外のドラゴンズファンにとっての状況はこんな感じ。

DAZNorJSPORTS01.jpg

DAZNorJSPORTS02.jpg

DAZNとJSPORTSオンデマンド、一長一短といったところですが
ベイスターズ主催はそもそもAbemaやニコ動で見られるのでこれも度外視、
スワローズ・ジャイアンツ主催はどちらと契約しても見られない。
となるとカープ主催が全部見られるJSPORTSとタイガース主催が見られるけど5分遅延するDAZN、
そしてナゴヤドームでのジャイアンツ戦が見られるかどうかの差で
関東ドラゴンズ民的にはJSPORTSオンデマンドが一歩リードでしょうか。

とはいえJSPORTSオンデマンドのアプリの使い勝手や遅延具合はまだ不明なので
そのあたりを一ヶ月試してみて判断・・・といったところでしょうか。

うーーーーん、パリーグTV(楽天TVも)があるパリーグファンがうらやましい!!!
nice!(0)  コメント(0)