So-net無料ブログ作成

20180831 ●中3-5巨 ビシエド月間安打記録も、またも守備がほころんで競り負け [試合メモ]

テキ|000 002 003|5
----+---+---+---|-
ウチ|100 000 011|3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018083102/top

苦手球場の広島・横浜を3勝3敗で乗り切って、今日からは再び名古屋です。相手は巨人。
ほんと週末巨人戦ばっかりですね。オールスター明け7週で4回目の週末巨人戦です。
(しかも巨人は週末表ローテだから毎回菅野やら山口やらと当たるんだよなあ)

今日は笠原とメルセデス。
初回にいきなりビシエドにタイムリーが出て先制します。
これでビシエドは8月の月間安打がリーグ記録の47、イチローの日本記録まであと1です。



ここから先は笠原・メルセデスがそれぞれ好投し、スピーディな投手戦に。
とはいえ1-0のままゲームが終わるはずもなく、6回にピンチが訪れます。
ノーアウト1・2塁から岡本にタイムリー。これで同点。
1アウトになって、続くゲレーロをピッチャーゴロに打ち取りますが
なんとこれを笠原が2塁に悪送球。ゲッツーどころか勝ち越し点を与えます。
打者ゲレーロだからまったく焦らずともゲッツー取れるのに、もったいなかったです。

しかしこのままでは終わらないドラゴンズ、8回2アウトから
平田のヒット、京田のツーベースで同点に追いつきます。

同点となって9回は佐藤。簡単に2アウトを取りますが
坂本を三振に取った球をキャッチャー武山が後逸、振り逃げでランナーを出すと
ここから阿部フォアボールで1・2塁、マギーのヒットで満塁。
マギーのヒットは前進守備の大島が2塁ランナーのホームインを防ぎますが、
続く岡本がセンターに大飛球を放つとそのまま前進守備の大島が追いつけず。
満塁の走者が全員帰って2-5と勝ち越されてしまいます。
その裏ドラゴンズもアルモンテのホームランで1点を返しますが、3-5で敗北。
なんとも悔やまれる9回の3失点となってしまいました。

うーん、なんで2アウト満塁で前進守備だったんだろう?
2塁ランナーを帰さないためって言っても同点だし、2塁ランナーは阿部だし。
正直なんで外野に前進指示を出したのかはちょっと解せないですねえ。



タグ:巨人
nice!(0)  コメント(0) 

20180830 ●中1-4De 守備ミスからの一発ノックアウトで尾位攻防戦負け越し [試合メモ]

ウチ|000 000 010|1
----+---+---+---|-
テキ|004 000 00x|4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018083002/top

横浜での尾位攻防戦も第3ラウンド。勝てば5位キープ、負ければ最下位転落です。
ちなみにDAZNに何かトラブルがあったようで、NPBの中継が全試合できない状態に。
やむなくAbemaTVで観戦しますが、話題が横浜ばっかりなうえに、占い企画だとかで
試合そっちのけで選手の幸運度やらラッキーアイテムやらを紹介する謎展開。
吉見がおとめ座とか大和のラッキーアイテムはアロマオイルとかそういう情報ばっかり流れてくるので
作業しながらBGMで試合を聞く身としてはちょっとしんどかったですね。





先発は吉見、対するは新人王有力候補・東。
お互い無難な立ち上がりを見せますが3回裏に試合が動きます。
吉見は1アウト1・3塁とピンチを作りますが宮崎をサードゴロに打ち取ります。
しかしこれを福田がうまく処理できず、セカンドアウトのみ。
ホームに投げて1点を防ぐでも、ゲッツーを取るでもない結果となってしまいました。
これで集中が切れたか、フォアボールから筒香にスリーランを打たれ一気に4失点。
守備ミスががっつり失点に結び付いてしまいましたね。



ミスを取り返したい福田でしたが、5回1アウト2・3塁のチャンスでも三振するなど
今日は良いところなしの3打席3三振。まあしょうがない、こういう日もあります。

結局このあと周平にソロホームランが出ますがこの1点のみ。
1-4で敗れ、最下位となってしまいました。

それにしてもチームの2桁本塁打日本人1号が
平田でも福田でもなく周平とは思わなかったですね。
いやほんとは平田なり福田なりがもっと早く達成して欲しかったんですが・・・
タグ:横浜
nice!(0)  コメント(2) 

20180829 ○中7-3De 小熊好投、Jロッド火消し。そして躍動するヘッスラおじさん達 [試合メモ]

ウチ|220 000 012|7
----+---+---+---|-
テキ|101 000 010|3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082902/top

昨夜は敗れたドラゴンズ、今日はベイスターズに相性の良い小熊を立てます。
すると初回いきなり大島が2ランホームランで先制。大島も横浜ではやたらホームラン打ちますね。
その裏ベイスターズに1・2番でさっそく1点を返す反撃を受けますが
2回には周平・福田・雅人の3連打で2点を奪い4-1とリード。

3回にもベイスターズが1点を返し、序盤は点の取り合いとなりますが
ここから小熊が落ち着きを取り戻します。4,5,6,7は危なげなく抑え7回2失点。
序盤は崩れそうで「こりゃ5回持たないかもな」と思ってましたが、要らぬ心配でした。



そして本当に不安なのはここからのリリーフ陣、と思っているところに
ベイスターズのバッテリーミスから思わぬ追加点が入ります。
三嶋の暴投で2塁ランナーの工藤が一気にヘッスラホームイン。
アルモンテ→工藤のパターンが見事にはまりました。

これで3点差となりますが、やはりリリーフ陣への不安が的中します。
8回裏、祖父江がノーアウトで1点を失いさらに1・2塁のピンチで筒香。
ここで復調気味のロドリゲスが登場すると、なんと筒香をゲッツーに。
続くロペスもサードゴロに打ち取って大ピンチ脱出。
いやロドリゲスすごいですね(正直ロペスは歩かすと思ってました)。



9回表には代打荒木がヘッスラ内野安打で出塁すると平田のレフト前ヒットで一気に3塁へ。
これも見事なヘッドスライディングでセーフになるとこの間に平田も2塁へ。
荒木の、自らが3塁セーフになった後に平田がセカンドセーフになったか確認する様は
アライバ時代を思い出すようでした。
このチャンスに大島・ビシエドが犠牲フライ2連発で貴重なダメ押し追加点。
裏は佐藤が満塁のピンチを作りますが無失点でしのいで無事勝利です。

いやー後半の点の取り方は強いチームのそれでしたね。
こういう野球ができれば最下位脱出どころかAクラスだって普通に見えてくると思いますよ!



nice!(0)  コメント(0) 

20180828 ●中3-5De 尾位攻防戦第1R、一発に泣いて初戦落とす [試合メモ]

ウチ|000 110 001|3
----+---+---+---|-
テキ|110 000 12x|5

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082802/top

広島で勝ち越したドラゴンズ、続く舞台は広島に続いて苦手としている横浜。
とはいえ相手は最下位を争うベイスターズ、ここで勝ってAクラスへの挑戦権を得たいところ。

しかし先発のガルシアが初回からソトにホームランを打たれ先手を取られると
続く2回にも嶺井にタイムリーを打たれ0-2。厳しい展開です。
ただ、ここからガルシアが立ち直ると打線も横浜先発の平良を攻めて
4回には福田、5回には大島のタイムリーで同点に追いつきます。

この後ガルシアと横浜の2番手石田の投げ合いとなります。
7回裏にガルシアが先頭のロペスをヒットで出しますが続く桑原をゲッツー。
これで安心したか、続く嶺井に投じた甘い球をスタンドに運ばれ勝ち越しを許します。

このまま1点差で進めば良かったのですが、
続く8回裏には福谷がまたしてもソトに2ランホームランで2-5。これで勝負ありです。
ドラゴンズも9回にヤスアキから1点は返しますが、これは向こうにとってはあげてもいい1点。
結局3-5で尾位攻防戦の初戦を落としてしまいました。
今年ソトにやられっぱなしですので、さすがにそろそろ対策を期待します。
タグ:横浜
nice!(0)  コメント(0) 

20180826 ○中11-1広 藤嶋好投!周平&ビシエド各2発!敵地で文句なしの快勝 [試合メモ]

ウチ|150 041 000|11
----+---+---+---|-
テキ|000 010 000|1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082603/top

1勝1敗となった広島3連戦、最後は藤嶋と高橋昂也の若手対決です。
1回表に平田のスリーベースから京田の犠牲フライであっけなく先制しますが
その裏フォアボールとヒットで1アウト1・3塁のピンチ。
昨日と似てる展開で嫌な予感がしますが、ここは鈴木松山を打ち取って無失点。
すると昨日とは逆に序盤から流れがこちらにやってきます。

2回表、高橋周平がソロホームランを打つと
ここから高橋昂也がコントロールを乱し、4四球で押し出し。
さらに替わったアドゥワからも押し出しとビシエドのタイムリーで一挙5点。
6-0と序盤から大きくリードを広げられました。
いや2アウトだしピッチャーまで回れば上出来、と思ってたら
その藤嶋にもフォアボール、そしてここまで点が入るとは。



序盤で点が妙に入るとかえって不安になるドラゴンズファン。
そんな不安は5回、ビシエド・周平のホームランで一気に払拭されます。周平は今日2本目。
平田にもタイムリーが出てこれで10-0。マツダとは思えない大量リードです。

その裏には丸がソロホームランでようやく広島に反撃ムードが漂いますが
続く6回に今度はビシエドが2本目となるホームランを放ち再び10点差。流れは渡しません。



藤嶋はランナーを出しつつもうまいこと抑えて7回1失点。
8回は一軍復帰のロドリゲス、9回は岩瀬があっさり抑えて11-1と見事な勝利。
苦手マツダで今期2度目の勝ち越しに成功しました。

いや今日は1回裏の守備と2回表の攻撃が見事でしたね。
ピンチで鈴木誠也を三振に取った藤嶋(ダブルスチールに引っかからなかった武山も見事)
ピンチでコントロールを乱しまくった高橋昂、そこで明暗が分かれた感じでした。

さて週明けは熾烈な最下位争い相手・ベイスターズと3連戦です。
尾位攻防戦を制してAクラス入りを目指しましょう。
タグ:広島
nice!(0)  コメント(0) 

20180825 ●中2-6広 大野宴会部長またしても復活ならず、いよいよ厳しい [試合メモ]

ウチ|100 001 000|2
----+---+---+---|-
テキ|310 010 10x|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082503/top

初戦を快勝したマツダ3連戦2戦目、先発は大野雄大と大瀬良。
大瀬良が早くもリーグ最多の13勝で沢村賞候補、かたや大野は今季未勝利。
大野vs大瀬良がここまで勝ち薄いマッチアップになるとは数年前まで想像もできなかったです。

とはいえ大野には復活を期待したいのですが、初回から崩れます。
1回表に平田の先頭打者ホームランが出て1-0からのマウンド。
先頭の野間にフォアボール、菊池にヒットでノーアウト1・3塁とピンチを作ると
丸に逆転のスリーランホームランを浴び、あっというまに3点献上。
続く2回にはピッチャー大瀬良にタイムリーを打たれる厳しい展開。



この後はなんとかゼロに抑えて復活の兆しを見せますが
5回にバティスタにホームランを打たれ結局5回5失点。
敵地でカープ打線を相手にし、ややジャッジに苦労したところはありますが
5回中4回は先頭打者を出すピッチングではちょっと厳しいですね。
これで抹消となったようですが、今季中の復活はあるのでしょうか。

試合はこの後ビシエドと鈴木誠也にそれぞれ一発が出たものの
そのまま動きもなく、2-6で完敗です。
良かったのは浅尾岡田のピッチングと、ビシエドアルモンテが好調キープしてるくらいでしょうか。
明日は藤嶋と高橋昴という若手投手対決。ここを制してカード勝ち越しましょう。
タグ:広島
nice!(1)  コメント(0) 

20180824 ○中5-3広 お髭様復活&笠原好投で逃げ切りマツダで先勝 [試合メモ]

ウチ|103 000 010|5
----+---+---+---|-
テキ|100 100 010|3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082403/top

ナゴヤドームで阪神に勝ち越し、今日からは広島で3連戦。
早いもので広島での3連戦はこの週末で今シーズン最後です(9月に1試合だけ残ってます)。

先発はここ数回好投が続いている笠原。対するは野村祐輔。
初回、2アウトから大島・ビシエドが出るとアルモンテのタイムリーで先制します。
その裏すぐに松山のタイムリーで追いつかれますが、
3回にはまたも2アウトランナーなしから京田・ビシエドが出て
アルモンテがタイムリーを放ち勝ち越し。周平にもタイムリーが出て4-1とします。
1回・3回と2アウトランナーなしから得点できたのは大きいですね。
そしてアルモンテが復活。まだテーピングが痛々しいものの、見事な活躍でした。



笠原は曾澤に一発を打たれたものの6回2失点と敵地で十分なピッチング。
6回は1アウト満塁とピンチを迎えますが、新井さんが見事な6-4-3を披露してくれました。



7回は福谷。150km超の速球で上位打線を無失点に抑えます。
ついに福谷が勝ちパターンに戻ってきました。



とはいえ8回2点差では不安、と思っているところに
広島に守りのミスが出てノーアウト1・3塁のチャンス、
ここで松井雅人がきっちりスクイズ。3点差とします。



この1点がありがたかったですね。実際このあと祖父江が
松山にソロホームランを打たれますがそれでも2点差。
ここからは祖父江・佐藤がきっちり抑えて逃げ切り勝ち。佐藤は初セーブです。

なかなか良い勝ち方でアウェイ先勝することができました。
明日は大野vs大瀬良、厳しそうなマッチアップですが大野宴会部長の復活に期待しましょう。
タグ:広島
nice!(0)  コメント(0) 

20180823 ○中4-3神 地味な点の取り合い、三度追いつき最後はビシエドがサヨナラ打 [試合メモ]

テキ|010 011 000 |3
----+---+---+---|-
ウチ|000 110 101x|4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082302/top

1勝1敗で迎えたカード最終戦、吉見に勝ち越しを託します。
しかし吉見は初回こそ三者凡退で抑えたものの、
2回以降は毎回ランナー、しかもほぼ先頭を出す今一つのピッチング。

2回、1アウト満塁から内野ゴロの間に1点を先制されますが
4回裏に福田のタイムリーヒットで同点に。

5回に1アウト1・3塁でセカンドゴロを周平がこぼしゲッツーが取れず勝ち越されると
その裏大島のピッチャーゴロをメッセンジャーのエラーですかさず同点に。

6回表に梅野のスクイズで再度勝ち越されますが
7回裏、1アウト2・3塁で大島のセカンドゴロバックホームがセーフとなり同点に。

ちなみに7回の同点ではクロスプレーの判定がリクエストで覆ったものでした。
主審がえらく派手にアウトジャッジしたのが覆ったので、ちょっと気まずそうでしたね。



とまあえらく地味な点の取り合い。タイムリーすら両軍あわせて1本。
吉見はなんだかんだ悪いながら7回3失点。悪いながら試合を作るのがさすがです。
でもそれは相手のメッセンジャーについてもそうですね。勝てるピッチャーって感じです。

さて同点になってからはリリーフどうしの戦いです。
ちなみにタイガースは6回時点でリードしていると今シーズン無敗、
かたやドラゴンズは知っての通りのリリーフ陣。
正直不安はよぎりますが、8回祖父江・9回佐藤がきっちり抑えます。

9回裏、先頭の平田がフォアボールで出ると京田がきっちりバント。
今日は京田が3回バントを成功させました。これは大きいですね。
1アウト2塁となって大島は申告敬遠。塁を埋めてビシエド勝負となりました。
その初球、ビシエドは見事に右中間に運ぶサヨナラヒット。
今日ヒットのなかった主砲が最後に大仕事です。



ところで今期サヨナラ勝ちは5回目らしいのですが、全部吉見の先発試合なんだそうで。
勝てなくても試合をつくる吉見らしい、ということでしょうかね?



これで久々にカード勝ち越し。明日からは広島で3連戦。
台風が西日本を襲っていますが、明日はもう試合できるようになってるんでしょうか・・・
タグ:阪神
nice!(1)  コメント(0) 

20180822 ●中2-5神 打てそうで打てない才木。逃した好機は大きかった [試合メモ]

テキ|210 020 000|5
----+---+---+---|-
ウチ|100 000 100|2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082202/top

昨日は快勝(最後はちょっとバタバタしたけど)のドラゴンズ。
今日勝ってカード勝ち越しを決めたいところ。
正直明日のメッセより今日の才木の方が組みやすい気もしますし。

初回、いきなり小熊が福留に2ランホームランを打たれ先制されますが
その裏ドラゴンズも平田・京田・大島といきなりの3連打で1点を返します。
いやー上位打線、好調ですね。これで大島は8打数連続ヒットだそうです。



続くチャンスはビシエド・アルモンテが連続三振、
周平が歩いて2アウト満塁となって福田がセカンドゴロ。
ううんもったいなかったけどとりあえず1点返した、
まあ才木の感じからしてじきに追いつけるだろ、と思っていたのですが
なんとこの後まるで才木を崩せませんでした。

小熊はちょいちょいと失点を重ね5失点する一方で
チャンスらしいチャンスもなく、7回に福田のソロが出ただけ。
2-5と3点ビハインドのまま9回裏まで来てしまいましたが
9回裏にやっとヒット2本で2アウトながら1,2塁を作ります。





しかし、ここで松井雅人があえなく凡退し試合終了。横浜も勝ったので1日で最下位転落です。
うーむ結局初回のチャンスを逃したのが最後まで響いてしまいましたね。
気になるのがアルモンテで、ジャッジに泣いた部分もありますが今日3三振。
復帰後も藤井との併用が続いてますし、まだ手首が全快してないのでしょうか。

明日はメッセンジャーを打ってカード勝ち越しと、再びの最下位脱出を図りましょう。
タグ:阪神
nice!(0)  コメント(0) 

20180821 ○中4-1神 さすがガルシア!さすがビシエド!さすが岩瀬! [試合メモ]

テキ|000 000 001|1
----+---+---+---|-
ウチ|301 000 00x|4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018082102/top

東京ドームで散々な負け方をしたドラゴンズ、今日からはナゴヤで阪神戦です。
1回裏、さっそく攻撃が繋がります。京田・大島が連打で出ると
好調ビシエドがレフトへ見事な3ランホームラン。一気に3点先制します。
3回には京田が三塁打で出てすかさず大島がタイムリー。
今日は1番平田がノーヒットでしたが、そのほかの上位打線が活躍しました。

先発ガルシアはさすがの危なげないピッチングで7回無失点。
主砲と勝ち頭がきっちり仕事をし、危なげなく快勝、
といきたかったですがやはり課題のリリーフ陣。
8回の祖父江は復活のピッチングを見せますが
9回の佐藤が今日は乱調でした。糸井にホームランを打たれると
2アウトからコントロールを乱し3四死球でなんと満塁。
ここでベンチは佐藤から岩瀬にスイッチします。




ここのところ調子の悪かった岩瀬ですが、さすがに連続でのリリーフ失敗はしません。
糸原をセカンドゴロに打ち取ってピンチ脱出。今期2セーブ目となりました。
うーん、もうちょっとすんなり終わりたかったですが、とりあえず勝利。
しかも横浜が巨人に敗れたので最下位脱出だそうですよ・・・?


タグ:阪神
nice!(0)  コメント(0)