So-net無料ブログ作成

20180530 ●中1-5オ 松坂vs金子の投手戦からのヒロシ炎上で連夜の逆転負け [試合メモ]

テキ|000 000 041|5
----+---+---+---|-
ウチ|100 000 000|01

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018053004/top

昨夜は打ち合いの末に敗れたドラゴンズ、
今日は松坂大輔vs金子千尋という名投手どうしのマッチアップとなりました。

初回にドラゴンズが大島の三塁打(今シーズン早くも5本目だそうです)
からのアルモンテ犠牲フライで先制したものの、
ここからは名投手どうしの投手戦が展開されます。

松坂は6回無失点、金子は7回1失点でマウンドを降りましたが
それぞれ全盛期を彷彿とさせる投球でした(ともにだいぶスタイルは変わりましたが)。

さてこのまま1-0で逃げ切りたいドラゴンズでしたが
8回に鈴木ヒロシがつかまってしまいました。
2アウトランナーなしから吉田にフォアボールを与えてから満塁のピンチを作ると
T-岡田に逆転の2点タイムリーヒット。さらに安達にもヒットが出て一挙4失点。
吉田へのフォアボールは一発狙いの相手にはしょうがないかな、
というところでしたがそこから崩れてしまいました。
2アウトは簡単に取れていただけに替えにくいというのもあったのでしょう。
昨日に続く、もったいない点のやり方でした。







----

それにしても試合球のスペルが違ってるってどういうことだよ・・・
https://www.instagram.com/p/BjaG8o2gz80/?taken-by=kanekochihiro_official

これまで綴り間違いといえば"Doragons"が定番だったのに、社名を間違ってくるのは斬新!
(過去の例)


----

◆今日のセ・リーグ
広○ 神● De雨 巨○ 中● ヤ○
3勝2敗。持ち越しとなったDe-楽が後々どうなるか。
nice!(0)  コメント(0) 

20180529 ●中5-8オ 難敵アルバースを打ったのにもったいない再々逆転負け [試合メモ]

テキ|000 035 000|8
----+---+---+---|-
ウチ|200 030 000|5

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018052904/top

今日から交流戦開始。開幕戦はナゴヤドームでオリックスと。
思えば1年前、このカードでマレーロがホームベース踏み忘れ事件を起こしましたねえ。




先発はRマルティネスとアルバース。お互いじゃっかんの誰やねん感でしょうが、
アルバースは既に6勝と実績十分。手強い相手です。

しかしそのアルバースから初回、さっそく京田・大島でチャンスをつくると
ビシエドのタイムリーで2点を先制。幸先よくリードします。

Rマルティネスは前回・前々回登板時とも前半は完璧で5・6回に崩れるパターンが続き
今回こそその壁を突破してもらいたいところですが、
今日も5回につかまり、ホームラン2本であっさり2-3と逆転されます。




続く5回裏、大島のヒットに続いてアルモンテが2ランホームランで再逆転。
さらにチャンスを作ってバッテリーエラーでもう1点。5-3とします。

6回表もマルティネスは続投、多少不安が募ります。
そんな不安がさっそく的中し、吉田正のホームランで1点差。
さらにランナーを出したところで降板すると、替わった福谷も打たれて
なんだかんだで5-8と再々逆転をされてしまいました。

結局、5・6回だけ妙に荒れましたがその後は再びお互い点を取れず
そのまま5-8で敗北。交流戦初戦をもったいない負け方で落としてしまいました。

うーん、やっぱりマルティネス・福谷の替え時ですかねえ。
それぞれの替え時がちょっとずつ遅かったような気もします。
6連戦の初戦なのでできるだけ引っ張りたかったのでしょうが、
それは5回までしか計算できないマルティネスを初戦に持ってきてる時点で承知済みなはず。

----



ちなみに今日あんまり試合をちゃんと見てないのは、
神宮球場のヤクルト・ロッテ戦を観戦してたというのもあります。
いやー今日は内野1塁側で見てたんですが、ロッテの応援やっぱり迫力ありますねえ。
服や声もですが、手拍子の形が揃ってるのがすごいですね。
ドラゴンズもこういう威圧感のある応援をしたいものです。


----

◆今日のセ・リーグ
広● 神● De○ 巨● 中● ヤ●
1勝5敗・・・ホーム開幕なのにこれか・・・

nice!(0)  コメント(0) 

今日から交流戦ですよー!他球団コラボグッズ、もっと早くならないものか問題 [応援・グッズ]

DeU4XhnVAAA0tAF.jpg
レギュラーシーズンも一旦休み、今日からは3週間にわたる交流戦が始まります。
去年は5割でしたが、今年はチーム状態も上々なので久々に勝ち越したいところですね。

カード順番は以下の通り。(自分用のメモも兼ねて)
5/29-31 vsオリックス(名古屋)
6/1-3 vs日本ハム(札幌)
6/5-7 vsロッテ(名古屋)
6/8-10 vsソフトバンク(名古屋)
6/12-14 vs楽天(仙台)
6/15-17 vs西武(所沢)

仙台での楽天戦以外は中止の心配もなく、梅雨入りが早そうな予報ですが
スムーズに試合消化できそうな雰囲気です。

外国人枠問題はモヤを一旦抹消してマルティネスを昇格。
前半にマルティネスを2回投げさせ、DHありが続く3週目にモヤを上げる予定なんでしょう。
注目の松坂は最初のオリックス、3カード目のロッテか4カード目のソフバン、最後の西武戦というローテが濃厚。

さて最初のカードは地元でのオリックス戦。先発はおそらくマルティネス→松坂→吉見。
平日のオリックス戦ということでじゃっかん客入りが心配なのか、
ゲスト呼んだりチケットやビール安くしたりイベントも盛りだくさんです。
http://dragons.jp/special/eventseries/interleague/2018/
パノラマBのチケットが安いのはいいと思いますね、ナゴヤドームは相対的に
外野席が安くてパノラマや内野が高いですから。だから応援する気がない人も応援席に来ちゃうんだ。

※しかしなんでオリックスのユニフォームつきチケットまだ余ってるの・・・
名古屋まで来るようなオリックスファンはみんな持ってるのかな・・・?
http://dragons.jp/news/2018/ticket-buffaloesuniform.html

あと、SKE48が来るそうで、ドアラカフェはコラボイベントもやってるみたいです。
http://dragons.jp/news/2018/event-interleagueseries-doalacafe.html
(ティラミスについてる集合写真のモナカがなんだか怖いんですが、ファンの方は食べられるんでしょうか)
しかしこのイベント、試合のチケットを持ってる人じゃないと入れないのに
平気で18時~とか19時~とかの回があるんですよね。
「どうせSKEのファンはチケット買っても正直試合には興味ないやろ」
という本音を全然隠してなくて、すごい。

そしてもうひとつ交流戦前の恒例となった、ドアラと各チームの勝手コラボグッズ。
開幕前のセリーグチーム編と交流戦前のパリーグチーム編がそれぞれ人気で
グッズの売れ行きも良さそうなんですが、新聞広告ということでデザイン発表が直前なんですよね。





そりゃ事情もわかるんですが、対バファローズってことで売ってるTシャツ・タオルが
「受注生産で届くのは3週間後」だと流石に使うチャンスないでしょ・・・
去年結構ビジターファン(中日新聞なぞ読まない)だってお土産で買ってたじゃないですか・・・
シールは今日から買えるらしいですが、やっぱりスタンドでタオル掲げたりTシャツ着たりしたいですよね。
実際には今日もナゴヤドームで買えるのかもしれませんが、なんとか当日から買えるようにしてもらいたいです。
nice!(0)  コメント(0) 

20180527 ○中8-7広 ビシエド逆転打!鬼門マツダで4年ぶり勝ち越し [試合メモ]

ウチ|000 010 430|8
----+---+---+---|-
テキ|202 001 200|7

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018052703/top

1勝1敗で迎えた広島3連戦、3試合目。
交流戦前のレギュラーシーズン最終戦ということもありなんとか勝っておきたいところですが
ここを託された大野がパッとしません。初回にフォアボールで崩れて2失点、
3回には鈴木誠也に2ランHRを打たれ計4失点。
汚名返上を目指した登板でしたが、今日もKOとなってしまいました。

その後1点を返しますが6回裏、岡田が1点を失い1-5とされます。
代打かと思われた場面で続投となった九里にもヒットを打たれる厳しい展開。



しかしドラゴンズファンも若干諦め気味になった7回表、
大島アルモンテが出塁するとビシエドが2点タイムリー。3-5と差を詰めると
ここで続く平田がライトに2ランホームラン。一気に5-5と同点に追いつきます。



しかしさすがのカープ、追いつかれた直後に鈴木ヒロシから鈴木誠也が2ベースで出塁すると
新井の当たりをビシエドがファウルグラウンドに弾く間に誠也がホームイン、あっさり勝ち越します。
(記録はビシエドのエラーらしいですがイレギュラーもしてるのでヒットで良いような気はします)
さらに1点が入って5-7とされてしまい、再び敗色ムードが漂ってきます。

しかし(今日3度目)これで終わらなかった今日のドラゴンズ。
亀澤・大島・アルモンテとヒットで1アウト満塁とチャンスをつくると
ビシエドが右中間に走者一掃の2ベースを放ち、一気に8-7と逆転!



ライト前にちょこんと2点タイムリー、くらいを期待していたのですが
期待を遥かに上回る結果で一気に逆転。マツダで勝てないとはなんだったのか。



※大野登板時からの不満もせっかくなのでここで訴えるの図

9回裏、昨日不安なところを見せた田島ですが1点差だと本来の姿を見せるはず、
と思ったら今日も大ピンチを作ってしまいました。
1アウト2,3塁でバティスタ。怖いバッターですがなんとか三振。
なおも2アウト満塁でエルドレッド。広島さんの代打層の厚さはほんと怖いです。





エルドレッドはレフトに大ファールを打つなど恐ろしさを見せつけましたが
なんとか三振でしのぎ、8-7で勝利しました。
まさかの広島での3連戦勝ち越し。なんと4年ぶりだそうです。





いやー今日はナイスゲームでした。
逆転打のビシエド、4安打の固め打ちの周平&アルモンテ、
同点ホームランの平田、いいとこで抑えた祖父江。
みんな大活躍と言いたいところですが、先発のあの人がね・・・
交流戦のどこかで復活勝利!を期待しましょう。



タグ:広島
nice!(0)  コメント(0) 

20180526 ○中7-6広 何点あっても安心できない!ヒヤヒヤのマツダ初勝利 [試合メモ]

ウチ|111 001 030|7
----+---+---+---|-
テキ|000 201 012|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018052603/top

鬼門のマツダ3連戦の2戦目は勝ち頭・ガルシアの登板。
相手は支配下入りしたばかりのフランスアということで、
なんとかここで一矢報いたいところです。

初物にまたしてやられたらどうしよう・・・という不安を
さっそく京田が吹き飛ばします。いきなりの三塁打。
この後アルモンテの内野ゴロの間に生還し初回に先制。

2回には大野奨太のセーフティスクイズ(野選)、
3回にも大島の三塁打からアルモンテのタイムリーで追加点。
正直どの回も複数点取れそうな展開ではありましたが、3-0とリードします。

しかしマツダのカープはそんな簡単に勝てる相手ではなく、
4回、代打新井の2点タイムリーであっという間に1点差。
さっそくフランスアを諦めて代打を出す積極策が奏功しました。



1点差では不安な6回、フォアボールで出た平田が
2つの進塁打で3塁まで進んだところで大野奨太のタイムリー。
渋い1点の取り方ができました。これで4-2。

ガルシアはこのあと1点を失いますが6回3失点(自責1)。
1点差で不安いっぱいですが、後続に後を託します。
7回は鈴木ヒロシが無失点で4-3のまま8回へ。

8回表、ジャクソンからノーアウト1・2塁のチャンスを作ると
堂上がバントするぞバントするぞからのバスターでタイムリーヒット。
続く亀澤がセーフティスクイズ成功でさらに1点、スクイズはまたも野選でランナーも残ります。
2アウトになってから京田がタイムリーでこの回3点目。7-3と4点のリードとします。

しかしそれでも安心できないのがマツダのカープ。
8回に岩瀬が野間にホームランで1点を失い7-4、
9回の田島は2アウトから松山に2点タイムリーで1点差まで詰められ、
さらに曾澤はヒット性の当たりでしたがライト正面。なんとかしのいで7-6で勝利しました。

いや最後はヒヤヒヤでしたがなんとかしのぎ切りましたね。
スクイズや内野ゴロなど、地味ながら相手の嫌がる点の取り方ができたのが良かったです。
明日は交流戦前の最終試合、大野宴会部長の復活に期待しましょう。
nice!(0)  コメント(0) 

20180525 ●中3-6広 マツダはやっぱり怖い、一挙6失点でいきなりの勝負あり [試合メモ]

ウチ|000 001 011|3
----+---+---+---|-
テキ|060 000 00x|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018052503/top

今日から広島3連戦。
広島とは広島で連敗・名古屋で連勝と内弁慶シリーズが続いていますが
なんとか1つでも2つでも勝っておきたいところですが、
今日から丸が一軍登録。誠也のときもですが、なんだって広島はウチとやる時に完全体になるのか。

先発は柳と大瀬良。柳は横浜の雨天中止のスライドで、今期初の週末です。
開幕直後にデッドボールで骨折させてしまった巨人の陽岱鋼も復帰したようで、
柳もひと安心してるのではないでしょうか。





しかしこの柳が2回につかまります。
先頭の鈴木誠也にホームランを打たれ先制されると、ピンチを作って8番西川にタイムリー。
それだけではとどまらず、ピッチャー大瀬良にも2点タイムリー。
下位打線でピンチを作られピッチャーにタイムリーという最悪の流れ。
こうなると止まらないカープ打線、田中・菊池にも打たれて一挙6失点。
序盤で早くも厳しい展開になってしまいます。





こうなると審判も早く帰りたいモードに突入するのか、
3回表の柳のセカンドゴロは明らかにセーフなのにアウト判定。
2アウトからから柳が出塁するより次回を1番からの方が良いかという判断から
森繁監督もリクエストはしませんでしたが、菊池だしアウトでいいんじゃん?的な判定でした。




※ちなみにその後にも新井の足が離れて「今のセーフじゃね?」的なプレーはありましたが
リクエストもなし。こっちはリクエスト仕掛けても良かった気もしますが、
点差があるときにリクエスト請求するのはかっこ悪いとかですかね?



柳はこの後は落ち着きを取り戻し無失点でしたが、さすがに6点は取られ過ぎ。
打線はこの後京田のタイムリー、周平・アルモンテのホームランで3点は取ったものの
結局大瀬良を打ち崩すには至らず、そのまま完投を許しました。



明日はガルシアとフランソア。
支配下に上がったばかりのピッチャーですが、初物をきっちり打ちましょう。
タグ:広島
nice!(0)  コメント(0) 

20180524 ●中2-3De 横浜の空高くホームラン合戦、2連発くらって敗北 [試合メモ]

ウチ|101 000 000|2
----+---+---+---|-
テキ|003 000 00x|3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018052401/top

昨夜は雨天中止となった横浜3連戦。
余談ですがやけに中止発表速かったのは意外でした。
そこまで本降りでもなかったし、イベント日ですし。





先発は吉見と東。目下防御率トップの相手ですが、
初回に平田のタイムリーでドラゴンズが先制。
3回には前の試合で2本塁打の大島が今日もライトに一発。
開幕からずっと不調でしたが、突然のホームランバッター化。
サイレントトリートメントもすっかりぎこちなさがなくなってしました。




しかしその直後の3回裏、それまで0に抑えてきた吉見でしたが
ソトに初球ヒットで出塁を許すと続くロペスの初球をレフトに同点ホームラン。
さらに筒香にも初球をライトに特大のホームラン。
「本物のホームランバッターの打球はこういうもんだ」と思わせる2発で
なんと3球で逆転されてしまいました。



自分はこのあと予定があり5回以降は見られなかったのですが、
東をとらえられそうで点が取れずに2得点のまま、7回以降は継投でしのがれてそのまま負け。
吉見は前回の広島戦・前々回のヤクルト戦に続き、好投しながらも勝ちに結び付きませんでした。

明日からはこれも苦手のマツダ広島戦。ナゴヤドームで勝ったイメージで行きたいところ、ですが。
タグ:横浜
nice!(1)  コメント(0) 

20180522 ○中8-0De 山井、復活の完封!ホームラン4発でハマスタ克服 [試合メモ]

ウチ|012 010 103|8
----+---+---+---|-
テキ|000 000 000|0

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018052202/top

ナゴヤドーム6連戦が終わり、今週は横浜・広島と苦手球場での6連戦。
どちらも前回3連敗だった球場で、4月とは違う勢いを見せて欲しいです。

そんな横浜に相性の良い山井が今日は今期初登板初先発。
序盤は大きなピンチもなく安定した立ち上がりを見せます。
好調な中日打線、2回にビシエドがライトに突き刺さるようなホームランで先制。
3回には京田がヒットで出ると大島が2ランホームラン。
2アウト1塁でいかにもな盗塁チャンス、というところで京田が上手く集中力を削いだ感じですね。




大島はなんと次の打席でもライトにソロホームラン。4-0とリードを広げます。



山井がQSどころか完投・完封が見えてきた7回には
京田がライト前2ベース(いいときの京田がやるやつです)から
大島の進塁打、アルモンテの犠牲フライで1点を追加しました。
先週くらいからこういう地味な点の取り方ができるようになったのは大きいです。





さて9回も山井行くのかな?どうかな?と思っていた9回表には
これまた渋く内野ゴロの間に1点を取り、さらには平田がとどめのホームラン。
なんと今日はタイムリーヒットなしで8点。8-0といよいよ完封に向けてセーフティリードとなります。



9回裏、山井はランナーを出しつつもラスボス筒香を抑えて自身4年ぶりの完封勝利。
山井は良かったり悪かったりの差が激しいのでこれでローテ安泰となるかはわかりませんが
とにかく完封はめでたい!40歳での完封!
ちなみに最年長記録は山本昌さんの45歳とのこと。相変わらず高すぎる壁・・・




タグ:横浜
nice!(0)  コメント(0) 

20180520 ○中6-1神 松坂好投、先制・中押し・ダメ押しの理想展開で虎に快勝 [試合メモ]

テキ|000 001 000|1
----+---+---+---|-
ウチ|310 010 10x|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018052002/top

1勝1敗で迎えたタイガース3連戦最終日。
ドラゴンズは松坂、タイガースはプロ初先発の才木。

初回からドラゴンズ打線が若いタイガースバッテリーに襲いかかります。
京田がヒットで出るとアルモンテも続き、ビシエドのデッドボールで満塁。
満塁でなかなか点の入らないドラゴンズでしたが今日はモヤがフォアボールを選んで押し出し、
さらに福田が2点タイムリーで一気に3点を先制しました。
(※この後亀澤の当たりがサードへのハーフライナーとなり、5-5-4という珍しいゲッツーが発生)



さらに2回にも京田が出塁して大島のラッキーな内野安打で1点追加。
前回アクシデント降板となった松坂に大きな援護が入ります。

松坂はコントロールがあやふやながら要所を締めて無失点ピッチング。
すると打撃でも2打席連続でヒットを飛ばします。
2打席ともレフトにしっかり引っ張った、打者顔負けのヒット。流石です。
すると福田・松坂を置いて京田がタイムリーヒット。これで5-0。
京田は7回にも犠牲フライを打ち4安打・1犠飛と大活躍。1番に戻ってから絶好調ですね。




松坂はこのあと1点を失いますが6回1失点の見事なピッチング。
この後は岩瀬→岡田→福谷とカムバック継投で6-1と阪神に勝利しました。



初マルチの中日松坂「後輩柳に追いつけて良かった」

 松坂 ありがとうございます。監督からも、バッティングを期待されてとってもらったので、やっと打ててよかったですし、ここ何日も、後輩の柳が先にヒット2本打ってたんですけど、毎日のように「松坂さん、僕2本打ってます」って言われるので、やっと追いつけてよかったです。


ヒット打って松坂をからかう柳が思わぬ流れ弾を食った感じのインタビューでしたが、
年男デーで柳がフィーチャーされてるからこのエピソードを出したのかも知れませんね。



タグ:阪神
nice!(0)  コメント(0) 

20180519 ○中3-2神 ビシだモヤだガルシアだ!初夏のカリビアン祭り [試合メモ]

テキ|100 000 001|2
----+---+---+---|-
ウチ|000 003 00x|3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018051902/top

2日続けて投手戦を落としたドラゴンズ、今日は勝ち星チームトップのガルシアが先発。
打順も1,2番の順序を逆にし、クリーンナップは外国人3人とスタメンをいじってきました。
しかしそのガルシア、初回からフォアボールでピンチを作ると
ロサリオの内野ゴロの間に1点を失います。
フォアボールから崩れてズルズルいかないあたりは流石ですね。
ここからガルシアは落ち着いて、大きなピンチもなく無失点。

一方阪神先発の小野を打てなかった中日打線は
ようやく6回裏に反撃のチャンスを迎えます。
今日1,2番を入れ替えた京田・大島がヒットでノーアウト1,3塁。
ここで頼りのアルモンテはピッチャーゴロに倒れますが
続くチャンスでビシエドがタイムリーツーベース。
さらにモヤにもタイムリーが出て、3-1と一気に逆転します。

7回表には大野奨太が久々に盗塁を刺すなどもあり、ガルシアは7回1失点。
8回は鈴木ヒロシがピンチを作るも抑え、9回の田島も1失点ながらきっちりセーブ。
3戦続いたロースコア展開を制し、ガルシアに5勝目がつきました。
ヒーローはビシエド・モヤ・ガルシア。アルモンテはお休みですが外国人選手が揃ってお立ち台です。
それにしても、このメンバーが並んでもモヤはでかいな・・・
タグ:阪神
nice!(0)  コメント(0)