So-net無料ブログ作成

20190709 ○中6-3広 10代だらけのマウンド。三ツ間好リリーフ・石橋プロ初ヒットでカープに連勝 [試合メモ]

テキ|012 000 000| 3
----+---+---+---|--
ウチ|310 020 00x| 6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019070902/top

オールスター前最後のカード、勝ち越しをかけた2戦目の先発バッテリーは19歳清水と18歳石橋。
昨日の最年長・41歳山井から一気に若くなりました。カープの先発も若い山口と10代だらけです。

ここのところ初回に必ず打線が繋がるドラゴンズが今日も先制。
大島・ビシエド・周平がタイムリーで3点をリード。2回にも平田のタイムリーが出ます。
カープは早々に山口を諦め「第二の福田周平」と自分内で呼んでいる遠藤淳志が登場。これまた10代。

一方でドラゴンズ清水も調子は今一つ。フォアボールはないものの球数は多く、
エラーが絡んだり不運なヒットもありつつも4回7安打3失点で早々にマウンドを降ります。

そして5回のマウンドには血行障害から復活した藤嶋。復帰登板おめでとう、と言いたいところですが
ヒットとフォアボール、そして松山に頭部死球で危険球退場となってしまいました。
松山は特に大事には至らなかったようですが、両者心配です。

しかしこの1アウト満塁のピンチで緊急登板となった三ツ間が2者を打ち取りピンチ脱出すると
その裏、2アウトから連打で作ったチャンスで石橋がライトにプロ初ヒットとなる
タイムリースリーベースを放ち、貴重な追加点が入りました。
ここから三ツ間→岡田→福→マルティネスと繋いで6-3と勝利。
昨日は41歳、今日は若手の活躍でカープ相手に連勝。このまま勝ってオールスター休みに入りましょう。



タグ:広島
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。