So-net無料ブログ作成

20190706 ●中1-3ヤ 終盤のチャンス活かせず4連敗。反撃に水差す暴走 [試合メモ]

テキ|001 020 000|3
----+---+---+---|-
ウチ|100 000 000|1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019070602/top

昨日の浜松が雨で中止となり、対スワローズは名古屋での2連戦に。
勝っておきたい初戦はここのところ好調な大野雄大が先発。

初回にビシエドのタイムリー、3回には山田哲人のホームランで1点ずつ取り合うと
5回、1アウト1,3塁から石川のスクイズで勝ち越されます。
しかもホームアウトを狙いフィルダースチョイス。ランナーが残ったところで
荒木にタイムリーでさらに1点。1-3とリードを許します。

最大の反撃チャンスは7回裏。先頭の周平がヒットで出塁し
続く代打アルモンテは倒れますが藤井がセンターオーバーの2塁打。
ランナー高橋周平はハーフウェイからセンターが取れなかったのを見て三塁へ、
のはずがなぜかホームに突入します。当然、悠々タッチアウト。
トップスピードでもなかった周平をホームに向かわせた意味がまったくわかりません。
1点差とか次が代打出せないピッチャーとかならわかりますが、2点差ですし
1アウト2,3塁で木下+代打誰かに期待した方が明らかに良かったのでは。

結局このまま試合が進み、最終回にも1アウト2,3塁の同点チャンスを作りますが
藤井・代打福田が凡退し試合終了。これで4連敗となりました。
うーん、追いつけるチャンスはいろいろあったのになんとももったいない敗戦です。



タグ:ヤクルト
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。