So-net無料ブログ作成

20190619 ●中2-5西 大野が粘るも力尽き、交流戦5割が遠のく連敗 [試合メモ]

テキ|000 000 203| 5
----+---+---+---|-
ウチ|010 100 000| 2

昨日は16失点という記録的な大敗となったドラゴンズ。
今日は平日ローテの中心・大野雄大が山賊打線に立ち向かいます。

大野は強力打線を6回までわずか1安打に抑え無失点の好投。
一方で打線は2回に加藤のスクイズ、4回には2アウト3塁からまたも加藤がタイムリー。
4回はなんで加藤勝負かなという気もしましたが、とにかく2点リードします。
(昨日もビシエドのファールフライを取って犠牲フライになりましたし、ライオンズは1点をあげてもいいから大怪我しない方針なのかもしれません。さすが打てるチームの戦略です)

さて6回まで無失点で来た大野ですが、7回表に先頭外崎がツーベースで出塁。
山川森を抑えなんとか2アウト3塁まで持ってきますが、ここで中村剛也に2ランホームラン。
あっという間に同点にされてしまいました。いやいや3ボールになってたんだし、
ここは次の木村勝負(おそらく代打メヒア)でいいでしょう。
しかもよりによって真ん中寄りのストライクで攻めなくたって。

でもまだ同点。8回裏にはこちらもチャンスを作り1アウト3塁。
しかし大島の当たりはファースト正面のゴロで、3塁ランナー遠藤が挟まれアウト。
遠藤はちょっと中途半端な走塁になってしまいました、ゴロゴーならもっと思い切って突っ込んで欲しかったです。

大野が続投で迎えた9回裏、先頭源田がヒットで出塁すると外崎が送りバント。
このバントが二度打ちとなったように見えましたが、判定はそのままでバント成功。
うーんリプレイ見たら明らかに2回当たってるんだからちゃんと検証して欲しいですね。
なんかここのところ審判の判定(ストライクボールとかの微妙なやつ以外で)に泣かされます。
実際この二度打ちでファールだったら、2ストライクとなり戦略はだいぶ変わってたはず。

1アウト2塁で再開された試合は山川を敬遠して森勝負。しかし森に痛恨のフォアボールで満塁。
ここで通算満塁ホームランの記録保持者・中村剛也がきれいに左中間にヒットを放ち勝ち越し。
ピッチャーが岡田に交代した後さらに1点を失い、2-5とリードされそのまま試合終了です。

勝負どころで誤審もあった試合なのでそちらに不満を持つ人も多いでしょうが、
やっぱり7回裏の2アウト3塁、3ボールからの中村勝負が納得いかないですね。
代打に出てくるだろうメヒアが最近好調とはいえ1割打者ですし、
不利なカウントから不用意にストライク取るような球を投げる場面じゃないですね。
バッテリーの判断なのかベンチの指示なのかは不明ですが、改善してもらいたいです。



タグ:西武
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。