So-net無料ブログ作成

20190618 ●中2-16西 4点が8点、8点が16点!名古屋で山賊大暴れ [試合メモ]

テキ|004 040 800|16
----+---+---+---|-
ウチ|002 000 000| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061804/top

ビジター6戦をもったいない負けはありつつも4勝2敗で乗り切り
今日からは地元で交流戦ラストスパートと行きたいところ。



山賊として名高いライオンズ打線を迎え撃つのは阿知羅。
ヒゲの風貌だけならこちらの方が山賊っぽいです。

なんとか序盤は0点でしのぎますが、3回に阿知羅が捕まります。
秋山ヒット→源田3塁打→外崎犠牲フライであっという間に2点を失うと
山川・中村にそれぞれホームランを打たれ4失点。ライオンズの上位打線はスイングが速いですね。

しかしドラゴンズも反撃します。ヒットとフォアボールでチャンスを作って
大島タイムリー→ビシエド犠牲フライで2点を返します。
ここまでは同じような攻撃ができていたのですが、ここからの差はひどいものでした。

5回表、外崎がソロホームラン。「ナゴヤドームでなんでこんなポンポンホームランが出るの・・・」
などと思ってるうちに連打でさらに追加点が入り2-7とリードされ阿知羅がKO。
福にスイッチしますがこの後さらに1点入り、6点差。

こうなると正直捨て試合で勝ち継投を温存、としたかったのですが
5回裏は9番福からということですぐに代打、そして6回からは伊藤準規を投入。
うーん、福は8番などに入れて(キャッチャーも加藤あたりに替えてしまって)
福・伊藤で2イニングずつくらい投げさせた方が良かったんじゃないかな・・・

このあとはもう目を離してしまっていたのですが、しばらくたって経過を見ると
なんと7回表に8点も取られていました。何があったんだ・・・
どうも普通に連打をくらったらしく、これで伊藤準規も交代。
結局こんな大敗の展開で谷元・祖父江・岡田まで使う羽目になってしまいました。

交流戦でセがパに優位なところがあるとすれば、普段からピッチャーが打順に入ってることで
打順を調整しながらのピッチャー交代に慣れているところだというのに、
それすら上手く使うことができず、ではちょっと勝ち目がないですね。

まあ14点差の大敗も勝ち目前からの逆転サヨナラ負けも同じ1敗、と割り切って
明日からの2試合を渋く勝ちにいきましょう。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。