So-net無料ブログ作成

20190617 ○中5-4ロ 悪夢がよぎるもギリギリ逃げ切り。なんだかんだで敵地勝ち越し [試合メモ]

ウチ|000 401 000| 5
----+---+---+---|-
テキ|020 000 200| 4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061701/top

悪夢のような敗戦から一日。今日は雨天中止となった土曜の振替試合です。
昨日の劇的な試合もあり、月曜に唯一行われるカードということで
現地の観客は少ないものの無駄にネットでの注目が集まる試合となりました。

先発はロメロ、相手はプロ初先発新人左腕の中村稔弥。
はじめて見る投手ですが、テイクバックが小さく、左腕が見えにくい独特なフォーム。
こりゃ初見ではきつそうだな・・・と見ていると3回をパーフェクトピッチング。
初物に手こずるなか、2回裏には中村奨吾に2ランホームランを打たれ先制されます。

初見では厳しそうと思った中村稔弥ですが、2巡目となった4回にドラゴンズ打線が捉えます。
先頭井領が内野安打で出ると阿部がフォアボールでつなぎ、
大島・ビシエドが連続タイムリー。さらに福田の内野フライをセカンド中村が落球し3点目、
藤井がタイムリーツーベースで一気に4得点と逆転に成功します。

6回には大島がデッドボールからの盗塁、すかさずビシエドがタイムリーと
綺麗な形で追加点も入り、5-2とリード。昨日のことがあるのでリードがあったらあったで不安です。

6回までヒット1本と好投したロメロですが、7回にはスタミナが切れてきたか
タイムリー2本で2点を失い、7回4失点。点数もですが今日は7回まで投げてくれたのが何よりです。
とはいえ1点差で逃げ切れるのか不安でいっぱいですが、
今日は8回からリリーフ投手に加えリリーフキャッチャー武山も追加。
昨日打たなかった手を打ち、万全の逃げ切り体勢をとります。

8回のロドリゲスは1,2塁とピンチを招きますが最後は清田を三球三振でピンチ脱出。
いよいよ本日のメインイベント、9回裏に突入します。

昨日は緊急登板で思うようなピッチングができなかったRマルティネスですが
今日もいきなり岡に2ベースを打たれ、暗雲がたちこめます。
続く田村のバントはキャッチャー前に。これを武山が3塁に投げますがセーフ。
いやいや全然間に合うタイミングじゃないしファーストアウトでいいでしょ・・・
これ1点を惜しんで2点取られるときのパターンやんけ・・・
田村の代走三木が盗塁を決めてノーアウト2,3塁。あっという間に絶体絶命です。

しかしここからが昨日とは違うところ。
まず難敵・荻野をストレートで三振に取ると
藤岡のショートゴロを京田が好返球でホームアウト。これで2アウト1,3塁。
ここで昨日のヒーロー・鈴木大地を迎え両応援団大盛り上がりとなりますが
8球に及ぶ勝負は最後フォークで空振り三振。なんとか、なんとか逃げ切りました。

いやーひとつ勝つのって本当に大変ですね。
今日はロメロ→ロドリゲス→マルティネスのリレー、ビシエドもタイムリー2本と
ドラゴンズのカリビアン祭りとなりました(ヒロインの通訳もルイス君だったし)。

なんだかんだで敵地で2カード連続勝ち越し。
負けた2つも9回の逆転サヨナラなので、普通にやってれば6連勝だったんじゃないの・・・
という気もしないことはないですが、今日は素直に喜んでおきましょう。
これで交流戦は5勝7敗。明日からのナゴヤドーム6戦で最低5割には乗せたいですね。



タグ:ロッテ
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。