So-net無料ブログ作成

20190613 ●中5-6xオ 仲良し対決ラストはまさかの逆転サヨナラ [試合メモ]

ウチ|000 000 302 |5
----+---+---+---|-
テキ|000 000 303x|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061305/top

2連勝で迎えた京セラドーム最終ラウンド。
3タテを狙うドラゴンズは山井、バファローズは新人の荒西。
仕事で見られなかったのと終盤いろいろありすぎたのとで前半はざっくりと
ドラゴンズはランナーを出しつつも得点できないいつものパターン、
バファローズは年に数度の神懸った山井のピッチングの前に初回以外ノーチャンス。

かくして迎えた7回。昨日の「打てそうで打てない先発が降りた途端に試合が動く」のパターンで
1アウト満塁とチャンスを作って周平の内野ゴロで先制。
さらに福田が珍しく渋い打球をセンター前に運んで2点を追加。3点を先制します。

その裏、ロメロがホームランを打つとここで山井から岡田にスイッチ。
しかしその岡田が打たれ1点差となると祖父江も伏見に犠牲フライを打たれ同点。
あっという間に同点になってしまいました。山井は球数的にもうちょっとでも良かったかもですね。

そして同点のまま迎えた9回表、クローザー増井から2アウト1,2塁とすると
福田がセンターオーバーのタイムリーツーベースで2点を勝ち越し。
今度は福田らしいタイムリー。昨日までと同様、終盤に勝ち越します。

しかし昨日と違うのはここから。マルティネスは3連投の影響か今一つボールが弱いです。
1アウト1,2塁とすると福田・西野に連続フォアボール。クリーンナップ前に押し出しで1点差とされます。
そして怖い怖い吉田・ロメロ。吉田は内野ゴロに打ち取りますが同点とされ、ロメロ。
普段のマルティネスなら敬遠して満塁で次打者勝負ですが、今日のコントロールでは押し出しが怖い。
ということで勝負に出ますが、ロメロの打球はレフト前に。
逆転サヨナラで敗戦、敵地3タテを目前で逃してしまいました。

うーん勝てたゲームだけにもったいなかったですね。
3連投のマルティネスは責められませんが、そもそも昨日4点差で投げてますからね。
明らかにストレートがいつもの速度ではなかっただけに、昨日投げてなかったら・・・と思わせる展開でした。

さて明日からは千葉です。なんでも習志野高校が応援に来るとか。
よーしそれならこっちは東邦だ!と言いたいところですが、東邦はロッテのチャンテとか使うんだよなあ・・・



タグ:オリックス
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。