So-net無料ブログ作成

20190612 ○中6-2オ 野球下手どうしの仲良しバトル。今日も8回に勝ち越して連勝 [試合メモ]

テキ|010 010 040| 6
----+---+---+---|-
ウチ|002 000 000| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061205/top

昨日は接戦を制したドラゴンズ、今日も勝って敵地勝ち越しといきたいところ。
先発は大野雄大と、西の人的補償でタイガースから移籍の竹安。
2017年にドラゴンズがプロ初、そして現時点で唯一の勝利を献上しています(リリーフでしたが)。

試合は序盤からドラゴンズが竹安を攻めて押し気味に試合をすすめます。
ただし、2回に加藤のタイムリーで1点を取った以外はバント失敗やら強行ゲッツーやらで失敗続き。
なんだか毎回チャンテやってるのに1点しか入っていないというカロリーと点があっていない展開です。
一方でバファローズは3回にヒット3本を集めて1-2と逆転。

それでも5回、井領2ベース・三ツ俣の進塁打でチャンスを作ると大島のタイムリーで同点。
もうちょっと守備の上手いレフトだったら犠牲フライすら怪しい当たりでした。
しかし続く周平は正面のセカンドゴロゲッツーで勝ち越しならず。

その後もドラゴンズがノーアウト1,2塁のチャンスを作るも藤井がバント失敗からの強行でゲッツー、
三ツ俣の負傷でセカンドに入った阿部がいきなりのエラーでピンチを作るも
ロメロが注文通りのゲッツーでピンチ脱出、となんだかどっちも野球下手だなあ、という攻防。

そんな下位チームどうしの仲良しバトルが決着したのは昨日と同じ8回表。
デッドボールとヒットで満塁のチャンスをつくると京田がレフト前に運んで勝ち越し。
さらに1番井領が今日4安打目となる走者一掃のスリーベースで一気に4点です。

ここからの継投も昨日と同じ。8回ロドリゲス9回マルティネスで無事勝利。
いや今日は井領がすごかったですね。正直井領三ツ俣の1,2番には不満だったのですが
今日の井領の出来には掌をひっくり返してのベタ褒めです。

まあもうちょっと楽に勝てた試合だったんじゃないの、というのは置いといて
敵地京セラドームで勝ち越しを決めました。こうなると欲が出ます。3タテ狙いましょう。



タグ:オリックス
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。