So-net無料ブログ作成

20190611 ○中2-1オ 投手戦を制し久々にロースコア接戦に勝利 [試合メモ]

ウチ|010 000 010|2
----+---+---+---|-
テキ|000 001 000|1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019061105/top



2カード連続の負け越しとなった交流戦、今日からは
京セラドームでオリックスバファローズと3連戦です。

先発は先週福岡でホームランを打たれまくった阿知羅、
対するは今期すばらしいピッチングをしながらなかなか勝ち星に恵まれない山本由伸。

山本は噂通りの良いピッチングを見せますが、2回に連打でなんとか1点を取ります。
ここで1点どまりなのが残念でしたが、好投手から1点リード。
この1点を阿知羅が大事に大事に守りますが、6回に2アウトから2番中川に三塁打。
ここで吉田を敬遠しロメロ勝負、のところでピッチャーは谷元に交代。
しかし谷元はロメロを歩かせるとなんと次の小島にもフォアボール。
福岡に続いて押し出しを与えてしまい、同点とされます。

続く満塁のピンチは替わった岡田が抑えなんとか同点どまりでしのぎますが、
阿知羅続投でも良かったんじゃ、結局岡田使うなら左の小島のところからで良かったんじゃ、
ってか小島へのラストボールストライクじゃね?井領もあの当たりを3塁まで行かせちゃダメだよ
といろいろ悔やまれるイニングとなりました。

さてこれは山本が下がったら試合が動きそうな感じですね・・・と思っていると
予想通り山本から近藤に替わった8回にチャンスがやってきます。
2アウトから今日スタメンの三ツ俣(そういえば元オリックスですね)がフォアボールで出ると
ワイルドピッチで2塁へ。このタイミングで代走・亀澤が起用されます。
すると大島のライト前ヒットで亀澤が見事に生還。
正直三ツ俣も足速いのに代走?と思っていましたが、このスライディングは流石亀澤ですね。
采配がばっちり当たって終盤に勝ち越します。

このあとはロドリゲス・マルティネスが揃って三者凡退。
なんだか久しぶりにロースコアの競った展開で勝利した気がします。
明日は大野と、阪神から移籍の竹安。まずは竹安がどんなピッチャーだったか予習しましょう・・・



タグ:オリックス
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。