So-net無料ブログ作成

20190605 ●中2-5ソ ホームランって1本打つと確実に1点入ってすごいな! [試合メモ]

ウチ|010 100 000| 2
----+---+---+---|--
テキ|020 001 02x| 5

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019060506/top

黒星スタートとなった交流戦、対ホークス2戦目です。
今日は(本来は昨日もですが天候不良だったそうで)ルーフオープンデーとのことで
ヤフオクドームの屋根を開けての戦い。さすが6月の九州、日が沈むのが遅いですね。
(あとついでに生ビール半額デーだったそうですが、飲めないビールに興味はないです)



先発は大野雄大と、久しぶりの先発となる和田。残り少ない松坂世代です。
2回表、周平・ビシエドの連打から阿部の犠牲フライでドラゴンズが先制。
DAZNの実況の方は「ライオンズが先制」と言ってしまいますがまあ青いし似たようなもんです。
しかしその裏、松田がソロホームランを打って追いつかれると直後に内川にもソロホームラン。
昨日に続く一発攻勢であっという間に逆転されます。

空中戦になると福田・平田・アルモンテ・モヤのいない中日打線がかなり不利ですが
残ったビシエドが4回にホームランテラスに入る一発を打ち同点に追いつきます。
昨日から散々苦しめられたホームランテラス、はじめて味方になってくれました。

大野はソロホームラン2本以外ピンチらしいピンチもなく安定したピッチング。
一方ドラゴンズはチャンスを作りつつも良い打球が正面に飛ぶなどいまいち得点に結びつきません。

そんな膠着状態で、試合を決めたのはやはり一発でした。
6回裏、デスパイネがライトスタンドに勝ち越しのホームラン。
ここからは前日と同じような展開で、ホークスのリリーフ陣に手も足も出ず。
特にモイネロはすごいですね、緩い球のあるロドリゲスという感じ。クリーンナップが三者三振でした。
そして1点が遠いまま8回裏にはとどめの2ランホームランをグラシアルに打たれ終了。
9回表にようやくチャンスを作りますが3点差は大きく、そのまま連敗となりました。

いやー、ヒットはいくら打っても点になるかわからないけどホームランは確実に点になる、
というのを実感した2戦でしたね。こちらの方がヒットは多いけど、ほぼ単打ですからね・・・

そして試合が早く終わったのとパリーグ主催は全試合DAZN中継があるので他をいろいろ見ていたら
・同点に追いついた直後に継投失敗から連続押し出しで勝ち越された巨人さん
・9回のチャンスで同点に追いついた!と思ったら走塁ミスでゲッツーになった阪神さん
を立て続けに見て、まあウチの負け方はまだマシな方か・・・と安心した次第。
いや交流戦未勝利なの既にウチだけなんで、まったくそんな余裕ないんですけどね!



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。