So-net無料ブログ作成

20190519 ○中5-4巨 溝脇福田の1,2番?最後は胃薬展開再びも3タテ回避 [試合メモ]

テキ|200 000 101| 4
----+---+---+---|-
ウチ|100 021 01x| 5

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051902/top



ナゴヤドームでの巨人戦。金土と連敗し、3連敗だけは避けたいところ。
先発は先週甲子園でプロ初勝利をあげた清水です。
そして先発オーダーは1番溝脇2番福田という、どうしたんだというオーダー。
溝脇の1番は前日の遠藤と同じような意図だしわかる、けど2番福田?
2番強打者理論もわかるけどその場合もうちょい足速くて出塁率の高い、
巨人の坂本や丸、ウチで言うと平田みたいなタイプの選手を使うものなんじゃないの?

ともあれ試合開始。清水は先頭から連打で失点し、初回に2点を先制されますが
その裏。溝脇がいきなりのスリーベースを放ち、続く福田のショートゴロで生還。
なんだか結果論的ではありますが、謎の1,2番コンビで1点を返しました。

その後は清水も危ういながら立ち直り(この辺はタイガース戦と一緒ですね。
やられたーという当たりを遠藤が好捕したのもあのときの平田と似てます)
一方ドラゴンズは1アウト満塁から清水に強硬策でゲッツーを打たせてしまったり
ノーアウト1,3塁の大チャンスから三者連続三振を喫するなど拙い攻めが続きます。

しかし清水が交代となった5回裏、満塁からビシエドが逆転タイムリーと久々に4番のお仕事。
ここからはドラゴンズが1点を取るとジャイアンツが1点を返すヒヤヒヤ展開。
9回は2点差で登場の鈴木ヒロシがきっちり1点差にされ、さらにピンチを迎えますが
最後は岡本を見事セカンドゴロゲッツーで打ち取り、なんとかなんとか勝利。

名古屋の薬局はそろそろ胃薬を大量仕入れするとビッグウェーブに乗れるのでは
と思うようなぎりぎりのところでしたがなんとか3タテを回避することができました。

来週は広島(三次での試合もあるようです)からの神宮と苦手な球場が続きますが
なんとか五分以上で帰ってきて欲しいものです。








----



タグ:巨人
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。