So-net無料ブログ作成

20190517 ●中1-4巨 今度はベースか!勝野好投も不運な失点。そして平田離脱? [試合メモ]

テキ|000 003 001| 4
----+---+---+---|--
ウチ|000 001 000| 1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051702/top

甲子園で2勝1敗、横浜で1勝1敗とまずまずの結果を出して
今日から名古屋に戻って巨人3連戦です。

先発はドラフト3位のルーキー・勝野。
今日はDAZN中継のない日なのでラジオで聞いていたためどんな投球かはいまいち不明ですが
5回までなんと1安打無失点と期待を上回るピッチングを見せます。
(しかもその1本も打ち取ったあたり、解説岩瀬氏によると「勝野の守備がヘタ」だそうで)
ただ一方で打線も巨人先発ヤングマンをまったく打てず、0-0のまま試合は進みます。

そして迎えた6回表、ピッチャーヤングマンに打たれたヒットから1アウト満塁のピンチ。
ここで岡本の打球はサードへ。しかしこの打球がなんと5-5-3のゲッツーを狙った
サード周平の前でベースに当たり大きく跳ねます。打球はレフトに転がりツーベースに。
岡本の打球、東京ドームでは屋根に当たってヒットになると今日はベースに当たってヒット。
岡本はドラゴンズ戦になるとなんらかの不思議能力を発揮するんですかね?(ガイエルみたいなもの?)
この後内野ゴロでも1点が入り、なんとも不運な形で3点を先制されてしまいます。

その裏、今度はヤングマンが3連続四死球でノーアウト満塁と大チャンスを迎えます。
しかしここから周平が三振、福田は犠牲フライ、阿部が三振。反撃は1点どまりでした。
ノーヒットで1点取れたと考えれば悪くはないですが、3点入った直後と考えるともうちょっと欲しかったですね。
ヤングマンをすっぱり諦め、周平には高木京・福田阿部にはアダメスと継投させた向こうの采配が上手でした。

そして結局このまま打線は巨人のリリーフ陣から点が取れず。
逆にこちらは9回の岡田が炭谷にタイムリーを打たれとどめの1点を取られてしまいました。
巨人のリリーフ陣は勝ちパターンこそ確定してませんが皆調子良いですね。
最後の澤村も今日はまったく危なげなかったです。

そしてひとつ心配なことが。平田が足を痛め途中交代してしまいました。
どうやら軽度の肉離れとのことで、抹消は確定でしょう。

平田、左ふくらはぎ肉離れ また主力抹消、長期離脱も…

ライトはひとまず遠藤や渡辺勝、あるいは藤井で対応するかと思いますが
さすがにパンチがないのでアルモンテかモヤを上げることになる(ライトと考えるとモヤ?)、
そうするとロメロを下げざるを得ないかなと思います。
(その点勝野・清水・阿知羅あたりがそこそこ結果出したのは良かったですが)
しかしなあ、平田の穴は実際かなり大きいよなあ・・・



タグ:巨人
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。