So-net無料ブログ作成

20190516 ○中3-2デ 作戦疑問も結果オーライで接戦制す。立浪応援歌ライブもあるよ! [試合メモ]

ウチ|100 000 110| 3
----+---+---+---| -
テキ|000 001 001| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051601/top

ブルーライトシリーズ最終戦。
先発はロメロと、ドラゴンズ初対戦のルーキー・大貫です。

初回先頭の京田がツーベースで出ると内野ゴロ2つで先制。
続く2回も先頭ツーベースから1アウト1,3塁としますが、ここで謎のダブルスチール失敗。
ランナーは足遅い周平・福田だしバッターは小技できない加藤だし、
失敗すると次の回はピッチャーからだしまったく意図の読めない作戦でした。

この失敗を引きずって追加点が取れずにいると、好投のロメロが
6回裏に神里のホームランで追いつかれてしまいます。これはまずい展開と思いましたが
その直後の7回表、またも先頭周平がツーベースで出ると今度は福田がタイムリーで勝ち越します。

ただこの後、ロメロのところでは代打なし。ロメロは7回まで続投します。
うーん、この采配は正直よくわからないですね。
結果としてロメロは7回を三者凡退でしたが、勝ち継投は中3日空いてるので
ロドリゲス・マルティネスを普通につぎ込んで良かったような。
そもそも福田タイムリーのあと加藤バント→代打でもう1点取れたかもしれないですし。

とはいえロメロは7回1失点の好投。これ自体はもちろん素晴らしいです。
しかも8回表には平田が追加点となるソロホームラン。
ここで2点差となったのがとても大きかったですね。
8回はロドリゲスが無難に、9回はヒロシが1失点ながらなんとか抑えて逃げ切り。

いやー最後は危なかったですが、なんとか1点差で逃げ切りました。
ヒロシは最後、大和になげた落ちる球をもっと使いこなせると楽になりそうですね。

そして試合後はブルーライトイベントで光GENJIの大沢樹生氏が登場。
若いベイスターズファン達の「誰だろう・・・」な雰囲気にも負けず
ヨタヨタしながらもローラースケートでスターライトを熱唱。
そして2曲目は「ガラスの十代」!そう、立浪和義氏の応援歌です!

生まれ持つ野球センス今ここで見せろ 気迫では負けはしない立浪和義

レフトスタンドでは絶対この歌詞で歌ってる人いたんだろうなあ・・・楽しそうだな・・・



タグ:横浜
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。