So-net無料ブログ作成

20190507 ○中6-0広 集中打&大野快投で危なげなく勝利。宴会部長が完封一番乗り [試合メモ]

テキ|000 000 000|0
----+---+---+---|-
ウチ|014 000 10x|6

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019050702/top

昨日は痛い逆転負けとなったドラゴンズ。
今日はカープ戦3度目の登板となる大野雄大が先発です。
(カープ戦、平日ばっかりなんだもん・・・)

大野が無難な立ち上がりを見せると
2回裏、デッドボールの阿部を置いて高橋周平が左中間にタイムリーツーベース。
昨日に続いて周平のタイムリーで先制です。これは完全復調と見て良いでしょうか。

さらに3回、平田がもうちょっとでホームランとなる三塁打で出ると
(試合後のインタビューで「これで3度目、あのへんに塩まいといて」って言ってたやつですね)
その後京田・大島の打席で相手の守備がワチャワチャする間にホームイン。
ここからビシエド・阿部・周平が3連続タイムリーでこの回一挙4点。
久々に序盤で大きくリードを広げます。

大野は前半は打たせて取る、後半になると三振を取るピッチングで
カープ打線にチャンスすらまともに作らせない圧倒的なピッチング。
自分が見る限り、プロ入りしてから最高の出来だったんじゃないでしょうか。
9回には、バティスタ・鈴木誠也・長野のクリーンアップを三者三振で今期初完封。
チームとしても今期初、セリーグの投手としては令和の完封一番乗りです。

いや久しぶりに危なげない勝利でした。明日はいよいよ12連戦最終日。勝って締めましょう。


タグ:広島
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。