So-net無料ブログ作成

20180928 ○中4-3神 【現地観戦】クローザー岩瀬、貫録の四凡で祝1000登板を飾る [観戦日記]

テキ|001 200 000|3
----+---+---+---|-
ウチ|001 021 00x|4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018092804/top

ナゴヤドーム今季最後の3連戦、それを迎える前にやってきたビッグニュース。
浅尾の引退会見に続き、岩瀬・荒木、そして野本が引退を発表。
岩瀬と荒木は正式な会見は行っていませんが、引退は確定のようす。
土日はナゴヤドーム参戦の予定だった自分も、なんとか都合つけて金曜から名古屋へ。





試合開始には間に合わず到着時点で4回表。
3回に福留の犠牲フライとビシエドのタイムリーで1点ずつ取り合い同点、
でしたがこの4回に鈴木翔太が崩れ、暴投で勝ち越しを許し降板。
替わった福も押し出しで1点を失い、2点を勝ち越されます。

しかし今日こそ連敗を止めたいドラゴンズは5回、
大島・ビシエド・アルモンテと3連続内野安打という珍展開で1点を返すと
(ビシエドのはエラーに見えましたが、まあいいや)
周平が三遊間にタイムリーを放ち同点に。
この後のチャンスは福田のゲッツーで消えますが、ともかく同点です。

すると続く6回、先頭打者で代打荒木が登場。
引退表明した荒木とあって球場も大盛り上がりの中、荒木はツーベース。
荒木を帰すんだぞ!というムードのなか、すかさず平田がタイムリー。
これで4-3と勝ち越しです。



5回以降のリリーフは又吉→岡田→祖父江、そして8回に佐藤。
この「8回佐藤」でナゴヤドームがザワつきます。
1点リードで8回に佐藤?ってことは9回は・・・?



8回裏、鳥谷が久々にショートの守備についたり
(ちょっとこのシーン気になったんですが、鳥谷もひょっとして・・・と思ってしまいました)
荒木の2打席連続ヒットからの牽制アウトがあったりちょっと和やかになったところで
9回表、満を持して「クローザー」岩瀬が1000試合めのマウンドに上がります。



岩瀬はいきなり先頭糸原にデッドボールを与えますが
続く大山、そして元同僚対決の福留を打ち取り、最後は糸井をショートゴロ。
岩瀬は記念すべき1000登板めを407セーブ、かつてよく言われた「貫録の四凡」で飾りました。
これにはナゴヤドームも大歓声。いやー来て良かった!



ちなみに二次会終わって客席を出ると、既に岩瀬の1000登板グッズが売店に。
そして既に長蛇の列が。どうやら売り切れ商品も出ているようす。
うーむ、完全に出遅れた・・・明日売店にあるかな・・・



さて明日は浅尾&野本の引退試合。
おそらく満員になるでしょうし、大歓声で見送りましょう。
自分も野本ユニ(背番号30時代の)で参戦しますよー

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。