So-net無料ブログ作成

20180916 ●中3-11巨 【現地観戦】残塁祭りにリリーフ崩壊、好調の夢から覚める敗戦 [観戦日記]

ウチ|100 001 010|3
----+---+---+---|-
テキ|100 020 53x|11

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018091601/top

甲子園で勝ち越し、昨日は広島で勝利。
3位巨人に1.5ゲーム差とし、いよいよ大逆転CS出場が見えてきました。
そんなムードで迎えた巨人との東京ドーム2連戦。
今年は分が悪い相手ですが、ここで連勝して一気に3位を狙いたいです。

先発は吉見と今村。初回に1点ずつを取り合って1-1となってからは
お互いチャンスを作りつつ点の入らない膠着状態に。
(ちなみに昼間の予定を終えて自分が現地に到着したのは1-1となった1回裏でした)



試合が動いたのは5回裏。2アウト2・3塁からマギーが2点タイムリー。
この回に関しては、今村を2ストライクに追い込んでから簡単にバントさせたのがもったいなかったですね。
しかしドラゴンズも直後の6回に先頭ビシエドからアルモンテ・周平と3連打で1点を返しますが
続くチャンスは活かせず1点どまり。ヒット数では上回るもののリードを許します。



とはいえ1点差、リリーフが不安な巨人だしまだまだわからんよと思ってましたが
こちらもリリーフは思いっきり不安なのをすっかり見落としていました。
7回裏、ロドリゲスの後を受けた福谷が2アウトから乱れます。
ヒットとフォアボールで満塁のピンチを作ると、痛恨の押し出し。
ここで慌てて岩瀬にスイッチするも、なんと阿部に満塁ホームランを打たれてしまいます。
これで8-2。勝負あった感じではありますが、まだ6点差です。



6点差を終盤でひっくり返すことだってあるんですよ!よく知ってます!
ということでさっそく亀澤のタイムリースリーベースで1点返しますが
やはり反撃が1点にとどまると、その裏浅尾が3失点。

攻めては12安打を放つも3得点と残塁祭り、
一方福谷、岩瀬、浅尾といったリリーフ陣が完全に崩れ終盤に大量失点。
ここのところの好調が嘘のような、今年よく見たタイプの敗戦となりました。
明日は負けるとCS出場がかなり厳しくなる一戦、なんとしてもモノにしたいですね。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。