So-net無料ブログ作成

20180629 ○中4-3巨 谷底決戦!昨日は我が身のサヨナラ勝ち [試合メモ]

テキ|000 002 001 |3
----+---+---+---|-
ウチ|001 000 003x|4

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018062903/top

神宮で3タテを喫して名古屋に戻ってきたドラゴンズ、
相手は同じくカープ相手に3タテを喫したジャイアンツ。
頂上決戦ならぬ谷底決戦となりました。これは負けられませんね。

先発は吉見と山口(ど)。
3回裏に松井雅人のホームランというレア展開で先制できましたが
5回までで1安打・2安打という両者譲らぬピッチング。
そして1-0とリードした6回表、吉見が2アウトから山口にツーベースを打たれると
1番坂本をフォアボールで歩かせ、2番のルーキー田中俊太勝負に出ますが
ここでなんと田中にタイムリースリーベースを打たれてしまい、
1-2と逆転されます。いやこれはもったいなかったですね。
それにしても神宮からの「ピッチャーに打たれ、1,2番に返される」という流れはなんなのか。




吉見は8回2失点と好投しますが、勝ちがつかないまま降板すると
9回にマウンドに上がった又吉が長野にタイムリーを打たれ痛い追加点。
田島に替わる抑え候補でもある又吉も打たれ、1-3とされて9回裏の攻撃へ。
とはいえ最近のカミネロ、不安定なのでつけ入る隙はありそうです。



というわけで絶体絶命のドラゴンズ、先頭のビシエドは倒れますが
続く平田がレフトにホームラン。「又吉の1点がなければ・・・」とは思いますが
反撃ムードになると、続く周平があとちょっとでホームランというフェン直ツーベース。
ここでジャイアンツベンチが動き、カミネロに替えて澤村を投入。これは意外でした。
しかしこの替わった澤村も、当然ながら安定しません。藤井がヒットを放って1,3塁とすると
この日ホームランも打っている主砲・松井雅人が同点のタイムリーヒット。
同点となり「あれこれ昨日神宮でウチがやられたパターンと一緒だ」と昨日見た光景がよぎります。



ここで代打はとっておきの福田。たたきつけた打球はワンバウンドで
澤村の頭上を越えてセンターへ。逆転サヨナラヒットとなりました。






いやこの勝ちは大きかったですね。ウチにとってもですが、
ジャイアンツにはかなり辛い負けになったんじゃないでしょうか。
昨日のウチと同じように「接戦→9回に1点ダメ押し→でも逆転負け」ですが
「田島と心中したドラゴンズ」より
「カミネロを信じられなくなって替えた上で負けたジャイアンツ」の方が
ショックでかいのではないかと思いますね。
それに、今後のカミネロの使い方。配置転換しようにも
プライド的にクローザー以外を上手くやってくれるかは難しそうです。



さて、というわけで勝ち継投を使いづらくなったジャイアンツ。
これに乗じて明日・明後日と勝ちを狙っていきましょう。
タグ:巨人
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。