So-net無料ブログ作成

20180613 ○中6-3楽 小笠原好投&効果的加点で勝利、まさかのセリーグ一人勝ち [試合メモ]

ウチ|000 202 110|6
----+---+---+---|-
テキ|001 010 010|3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018061302/top

前日敗れたドラゴンズ、先発は先週好投しながら負け投手になった小笠原。
一方イーグルスの先発はルーキーの近藤弘樹(同じ名前の選手がウチにもいますね?)と
期待の若手同士のマッチアップとなりました。

序盤、ランナーを出しながらも点が入らず昨夜と同じ打てそうで打てない展開になると
3回裏にディクソンのレフトへの当たりがまさかのスタンドイン、嫌な形で先制されます。



しかし今日はここから嫌な流れにになりませんでした。直後の4回表、
ビシエドが塁に出ると昨日の2番から5番に戻った平田がタイムリーツーベース。
2番でそこそこ機能してたので1日で変えるのももったいない気もしましたが、
これだけ好調ならチャンスメイクもですがポイントゲッターとして使いたいですよね。
そしてさらに続く周平がタイムリー。一気に逆転します。



この後5回に小笠原がアマダーに同点ホームランを打たれますが、
これまた直後の6回にはアルモンテが勝ち越しのホームラン。
さらに満塁のチャンスを作って大野奨太がタイムリー。
昨年楽天相手に3割超えの楽天キラーが見事に結果を出します。これで4-2。




この後も今日は効果的に点が入ります。
7回には満塁のチャンスからモヤの打席でワイルドピッチで1点、
(モヤがびっくりするくらい高い球を普通にファールしたのでびびったのだと思います)
8回には大島のタイムリーでさらに1点。




この2点が本当に効果的でした。
この後8回裏に鈴木ヒロシが崩れて1点を失うのですが、
4点差あったことでだいぶ楽なピッチングができました。
9回は結局セーブシチュエーションに戻った田島がきっちり抑えて勝利。

きっちりと勝利したドラゴンズですが、今日はセリーグの他チームがなんと全敗。
まさかの一人勝ちとなりました。まだ最下位ながら、2位とも1ゲーム差。
まだまだ前半戦とはいえ、なんとも不思議な位置取りです。




タグ:楽天 交流戦
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。