So-net無料ブログ作成

20180503 【現地観戦】●中6-7ヤ 代打攻勢で逆転もリリーフ陣が崩れ接戦落とす [観戦日記]

ウチ|000 003 300 0 |6
----+---+---+---|-
テキ|210 000 300 1x|7

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018050301/top

神宮3連戦最終日。好天の祝日ということで満員御礼です。



ヤクルト先発の由規が無難な立ち上がりを見せた一方、吉見は序盤から3点を失います。
特に1回、ゲッツーでピンチを脱したかに見えたところのバレンティンのHRはもったいなかったですね。
若手投手ならまだしも、ベテランがこういうピッチングはいけません。
しかし吉見はなんとか踏みとどまり、5回3失点。

6回表、いよいよドラゴンズが反撃に出ます。
1アウト1,2塁から福田が2点タイムリーツーベースで1点差。
ここで相手投手が左の中尾に替わると、代打攻勢が始まります。
まずは周平に替えて阿部。フォアボールでチャンスを広げます。
モヤの代打・平田は倒れますが、松井雅人の代打・堂上が同点タイムリー。
さらに吉見の代打・大野奨太もフォアボール。
勝ち越しのチャンスで大島は倒れますが、代打攻勢で同点に追いつきました。

さらに続く7回、投手が右の近藤になったので今度は左代打攻勢です。
京田・アルモンテ・福田が出て1アウト満塁、ここで阿部に替えて亀澤。
ここで亀澤はなんとデッドボール。思わぬ形で勝ち越します。
(デッドボールですが、スイングではないかという抗議があり一時中断。再判定後ふたたび燃えドラ実施です)



さらに平田がタイムリー、谷元の代打・藤井の犠牲フライで6-3とリード。
連日の逆転でレフトスタンドも大盛り上がりです。
3試合連続の逆転、ヤクルトファンはもうサウスポー聞きたくないんじゃないでしょうか?


リードした7回裏ですが、簡単には進みません。


岩瀬が山田哲人にHRを打たれると、鈴木ヒロシもバレンティンにHRを浴び、同点に追いつかれます。
7回にして回跨ぎ前提のヒロシ投入も、先日ホームランを打たれたリベンジを返り討ちにされました。



その後は1アウト1塁で鈴木ヒロシに替えて代打で投手の笠原が登場するなど
ちょいちょいおもしろ場面はありましたが、同点のまま試合は延長へ。



延長に入った10回裏、ピッチャーは同点にも関わらず田島。
勝負をかけますが、肝心の田島が抑えられません。
1アウト1・2塁とピンチをつくると、ヤクルト荒木にタイムリーを打たれサヨナラ負け。
消耗戦となった試合を落とし、惜しくも3タテとはなりませんでした。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。