So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

20190521 ●中2-3広 みよし中崎劇場も1点届かず。作戦には諸々不満あり [試合メモ]

ウチ|000 000 002| 2
----+---+---+---|-
テキ|000 020 01x| 3

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019052103/top

今週はカープ2連戦からのスワローズ3連戦。苦手球場が続きます。
第1ラウンドは年1開催の三次。広島の内陸にある街ですね。
中国地方どころか県内にももっと大きな都市がいっぱいあるのに
マツダの工場があるので福利厚生的にほぼ毎年開催されるという
どの面下げて市民球団とか言ってるんすかねでおなじみの三次開催です。

スタメンは巨人戦ラストと同じく1番溝脇2番福田、そして6番京田です。
うーんどう考えても福田を2番にする利点がない気がするんだけどなあ。
2番を京田か遠藤にすると1-3まで左が続く、って言うんなら結局5-7で左続いてるし。
単純に福田の出塁率(どっちかというとIsoDかな)が高いからって言うんなら
代打含めて8,9番が弱いドラゴンズ打線では7番打者の四球が増えるから高いんだろうし。

まあとにかく試合です。DAZN中継がないので一球速報頼みです。
今年のカープ戦は平日ばかりなので大野vs野村はすっかりおなじみですね。
「また野村大瀬良かよ・・・」「また大野ロメロかよ・・・」とお互いのファンが言ってそう。
そんな大野と野村はお互いに譲らず好投を続けます。

5回裏に連打で満塁とされ、菊池にタイムリーを打たれ先制されますが
大野は7回を2失点の好結果。菊池に球数使い過ぎたのだけが反省ですね。
一方の野村はそれ以上の好投で、7回無失点。4回目の対戦ですが、相変わらず打てませんでした。
野村はドラゴンズ以外だとそこそこ打たれるのに、相性なのか研究なのか。

試合は両先発が無四球というスピーディーな展開でしたが、終盤にいろいろありました。
まず8回表、フランスアに対しドラゴンズは右の代打3連発。いずれも不発でしたが
ここで好調の遠藤を下げて代打伊藤を出したのが後々響きます。
8回裏は2番手岡田の乱調と守備のミスでノーアウト満塁のピンチを作ると
替わった小熊が押し出しのフォアボール。この1点が後々響きます。

そしてクライマックスは9回表。
中崎からまずは福田が反撃開始のソロホームラン。
そのまま大島・ビシエドが出て周平がタイムリーツーベース。
ビシエドに代走が出せてたら同点だったのに!(ビシエドのままでも回せばセーフだったかも)
さっき遠藤に代打伊藤を出してなければここでビシエドに代走伊藤か友永を使えたのに・・・!
まだ1点差で1アウト2,3塁のチャンスは続きますが、京田があっさり内野フライ。
2アウト満塁となって登場した代打松井雅人はあっさりサードゴロ。1点届かず試合終了です。

うーんコントロールに苦しむ中崎から追い込まれる前に凡打した京田・雅人もなんですが
やっぱり今日は采配ですかねえ。ビシエドに代走出せてたらなあってのと
(ビシエド下げたら追いついても結果火力不足で負けてたかもしれませんけど)
8回に遠藤に替えて伊藤にしたのに結局その伊藤にも代打を出すってのがちょっと。
なんか遠藤のモチベーションも伊藤のモチベーションも下げちゃった気がします。

明日は広島でロメロ。攻撃陣のパンチ不足が如実なので、
ロメロはひょっとしたらここで一旦休みになるかもしれないですね。



タグ:広島
nice!(1)  コメント(0) 

20190519 ○中5-4巨 溝脇福田の1,2番?最後は胃薬展開再びも3タテ回避 [試合メモ]

テキ|200 000 101| 4
----+---+---+---|-
ウチ|100 021 01x| 5

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051902/top



ナゴヤドームでの巨人戦。金土と連敗し、3連敗だけは避けたいところ。
先発は先週甲子園でプロ初勝利をあげた清水です。
そして先発オーダーは1番溝脇2番福田という、どうしたんだというオーダー。
溝脇の1番は前日の遠藤と同じような意図だしわかる、けど2番福田?
2番強打者理論もわかるけどその場合もうちょい足速くて出塁率の高い、
巨人の坂本や丸、ウチで言うと平田みたいなタイプの選手を使うものなんじゃないの?

ともあれ試合開始。清水は先頭から連打で失点し、初回に2点を先制されますが
その裏。溝脇がいきなりのスリーベースを放ち、続く福田のショートゴロで生還。
なんだか結果論的ではありますが、謎の1,2番コンビで1点を返しました。

その後は清水も危ういながら立ち直り(この辺はタイガース戦と一緒ですね。
やられたーという当たりを遠藤が好捕したのもあのときの平田と似てます)
一方ドラゴンズは1アウト満塁から清水に強硬策でゲッツーを打たせてしまったり
ノーアウト1,3塁の大チャンスから三者連続三振を喫するなど拙い攻めが続きます。

しかし清水が交代となった5回裏、満塁からビシエドが逆転タイムリーと久々に4番のお仕事。
ここからはドラゴンズが1点を取るとジャイアンツが1点を返すヒヤヒヤ展開。
9回は2点差で登場の鈴木ヒロシがきっちり1点差にされ、さらにピンチを迎えますが
最後は岡本を見事セカンドゴロゲッツーで打ち取り、なんとかなんとか勝利。

名古屋の薬局はそろそろ胃薬を大量仕入れするとビッグウェーブに乗れるのでは
と思うようなぎりぎりのところでしたがなんとか3タテを回避することができました。

来週は広島(三次での試合もあるようです)からの神宮と苦手な球場が続きますが
なんとか五分以上で帰ってきて欲しいものです。








----



タグ:巨人
nice!(0)  コメント(0) 

20190518 ●中1-5巨 見てないですがどうも良いところなく負けたようです [試合メモ]

テキ|023 000 000| 5
----+---+---+---|-
ウチ|000 000 010| 1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051802/top



昨夜もDAZNの中継がなかったので映像はリアルタイムで見られなかったのですが、
今日はそれに加えて関東ではラジオ中継もなしとのことで、
休日だったものの中継ないんじゃということで外出してしまいました。
(帰ってからTBSでテレビ中継があったことを知りました。それなら見られたんだけど、まあもういいや)

ということで外出先から一球速報でところどころ追うことにしたのですが、
序盤から早々に柳がつかまり5失点。打撃陣もまったく奮わず1得点のみ。
ということでどうやらいいところなく負けたようで。

スポーツナビによると
「巨人は2回表、ゲレーロに2ランが飛び出し、幸先よく先制する。続く3回には、丸、岡本の連続適時打などで3点を追加し、リードを広げた。投げては、先発・メルセデスが7回5安打無失点の力投で今季4勝目。敗れた中日は、先発・柳が5失点と試合をつくれなかった。」
なるほど。まあ開幕からの無失点記録だかを作ろうとしてる中川から点が取れたのは良かったですかね。

あと負傷の平田のところには遠藤が意外にも1番ライトで出場。
前回の平田欠場時は2番だったので今回も2番、もしくは相手が左だから松井佑介かなと思ったのですが。
結果は4打数1安打とまあ可もなく不可もなくですが、応援歌的に遠藤1番は良さそうですね。
1番打者の応援歌に前奏あるとなんかおさまりが良いんですよね、井端とか山田哲人とか。



タグ:巨人
nice!(0)  コメント(0) 

20190517 ●中1-4巨 今度はベースか!勝野好投も不運な失点。そして平田離脱? [試合メモ]

テキ|000 003 001| 4
----+---+---+---|--
ウチ|000 001 000| 1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051702/top

甲子園で2勝1敗、横浜で1勝1敗とまずまずの結果を出して
今日から名古屋に戻って巨人3連戦です。

先発はドラフト3位のルーキー・勝野。
今日はDAZN中継のない日なのでラジオで聞いていたためどんな投球かはいまいち不明ですが
5回までなんと1安打無失点と期待を上回るピッチングを見せます。
(しかもその1本も打ち取ったあたり、解説岩瀬氏によると「勝野の守備がヘタ」だそうで)
ただ一方で打線も巨人先発ヤングマンをまったく打てず、0-0のまま試合は進みます。

そして迎えた6回表、ピッチャーヤングマンに打たれたヒットから1アウト満塁のピンチ。
ここで岡本の打球はサードへ。しかしこの打球がなんと5-5-3のゲッツーを狙った
サード周平の前でベースに当たり大きく跳ねます。打球はレフトに転がりツーベースに。
岡本の打球、東京ドームでは屋根に当たってヒットになると今日はベースに当たってヒット。
岡本はドラゴンズ戦になるとなんらかの不思議能力を発揮するんですかね?(ガイエルみたいなもの?)
この後内野ゴロでも1点が入り、なんとも不運な形で3点を先制されてしまいます。

その裏、今度はヤングマンが3連続四死球でノーアウト満塁と大チャンスを迎えます。
しかしここから周平が三振、福田は犠牲フライ、阿部が三振。反撃は1点どまりでした。
ノーヒットで1点取れたと考えれば悪くはないですが、3点入った直後と考えるともうちょっと欲しかったですね。
ヤングマンをすっぱり諦め、周平には高木京・福田阿部にはアダメスと継投させた向こうの采配が上手でした。

そして結局このまま打線は巨人のリリーフ陣から点が取れず。
逆にこちらは9回の岡田が炭谷にタイムリーを打たれとどめの1点を取られてしまいました。
巨人のリリーフ陣は勝ちパターンこそ確定してませんが皆調子良いですね。
最後の澤村も今日はまったく危なげなかったです。

そしてひとつ心配なことが。平田が足を痛め途中交代してしまいました。
どうやら軽度の肉離れとのことで、抹消は確定でしょう。

平田、左ふくらはぎ肉離れ また主力抹消、長期離脱も…

ライトはひとまず遠藤や渡辺勝、あるいは藤井で対応するかと思いますが
さすがにパンチがないのでアルモンテかモヤを上げることになる(ライトと考えるとモヤ?)、
そうするとロメロを下げざるを得ないかなと思います。
(その点勝野・清水・阿知羅あたりがそこそこ結果出したのは良かったですが)
しかしなあ、平田の穴は実際かなり大きいよなあ・・・



タグ:巨人
nice!(1)  コメント(0) 

20190516 ○中3-2デ 作戦疑問も結果オーライで接戦制す。立浪応援歌ライブもあるよ! [試合メモ]

ウチ|100 000 110| 3
----+---+---+---| -
テキ|000 001 001| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051601/top

ブルーライトシリーズ最終戦。
先発はロメロと、ドラゴンズ初対戦のルーキー・大貫です。

初回先頭の京田がツーベースで出ると内野ゴロ2つで先制。
続く2回も先頭ツーベースから1アウト1,3塁としますが、ここで謎のダブルスチール失敗。
ランナーは足遅い周平・福田だしバッターは小技できない加藤だし、
失敗すると次の回はピッチャーからだしまったく意図の読めない作戦でした。

この失敗を引きずって追加点が取れずにいると、好投のロメロが
6回裏に神里のホームランで追いつかれてしまいます。これはまずい展開と思いましたが
その直後の7回表、またも先頭周平がツーベースで出ると今度は福田がタイムリーで勝ち越します。

ただこの後、ロメロのところでは代打なし。ロメロは7回まで続投します。
うーん、この采配は正直よくわからないですね。
結果としてロメロは7回を三者凡退でしたが、勝ち継投は中3日空いてるので
ロドリゲス・マルティネスを普通につぎ込んで良かったような。
そもそも福田タイムリーのあと加藤バント→代打でもう1点取れたかもしれないですし。

とはいえロメロは7回1失点の好投。これ自体はもちろん素晴らしいです。
しかも8回表には平田が追加点となるソロホームラン。
ここで2点差となったのがとても大きかったですね。
8回はロドリゲスが無難に、9回はヒロシが1失点ながらなんとか抑えて逃げ切り。

いやー最後は危なかったですが、なんとか1点差で逃げ切りました。
ヒロシは最後、大和になげた落ちる球をもっと使いこなせると楽になりそうですね。

そして試合後はブルーライトイベントで光GENJIの大沢樹生氏が登場。
若いベイスターズファン達の「誰だろう・・・」な雰囲気にも負けず
ヨタヨタしながらもローラースケートでスターライトを熱唱。
そして2曲目は「ガラスの十代」!そう、立浪和義氏の応援歌です!

生まれ持つ野球センス今ここで見せろ 気迫では負けはしない立浪和義

レフトスタンドでは絶対この歌詞で歌ってる人いたんだろうなあ・・・楽しそうだな・・・



タグ:横浜
nice!(1)  コメント(0) 

20190515 ●中2-8デ 大野満塁被弾で敗戦も、相対的にはマシな負け方? [試合メモ]

ウチ|001 000 100| 2
----+---+---+---|-
テキ|000 205 01x| 8

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051502/top

横浜でのスターライト3連戦。
昨日は早々に中止が発表され、3連戦は2試合となりました。
おととしのスターナイトでの雨天中止経緯がひどかったので早々に発表したのは良いですが
今度は中止にしたもののたいして雨が降らないという皮肉な展開に。
「曇天中止」「名古屋からわざわざ来たのに中止、しかも雨降ってねーじゃねーか」
「チームの調子が悪いから中止にしたな」「まあウチもローテ厳しいからつきあうか」
等々の意見はありますが、まあ判断としてはしょうがないですね。



さてそんななか今日の試合。先発は両者昨夜からのスライドで大野と東です。
ドラゴンズが平田のタイムリーで先制しますが、ロペスの2ランで逆転。
今年の大野は安定しているもののホームランが多いですね。
問題は1-2で迎えた6回裏。大野はヒットとフォアボールでノーアウト満塁とされると
伊藤光の打球は左中間へ。犠牲フライかまあしょうがない、1点で止めろよ~
と思ってたらこの打球がまさかのスタンドイン。満塁ホームランとなってしまいました。

その後は大野がもう1本ホームラン打たれたり、福田がソロだけ打ち返したり
なんかエラーでよくわからない点を取られたりしましたが、この満塁ホームランで決まりでした。

さて良いところなく負けたドラゴンズですが、他球場を見ると

・エース菅野が10失点KOで負けたジャイアンツ
・9回4失点で追いつかれ、延長でサヨナラという神宮でのウチみたいな負け方したスワローズ
・9回にクローザーが逆転ホームランを打たれるという神宮でのウチみたいな負け方したホークス
・8点差を追いつかれて延長でサヨナラという神宮でのウチみたいな負け方したファイターズ
(マリーンズは普通に良い試合して負けてました)

と「まあまだウチの負け方はいい方かな!」と思えるような試合ばかり。
いや相対的にマシとかないんですけどね、とはいえショックは小さい方が、ね・・・!
タグ:横浜
nice!(0)  コメント(0) 

20190512 ○中5-2神 【現地観戦】守備の差で勝利!清水は初先発勝利、久々カード勝ち越し [観戦日記]

ウチ|210 020 000| 5
----+---+---+---|-
テキ|200 000 000| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051202/top

1勝1敗で迎えた甲子園第3ラウンド。昨日に続いて現地観戦です。
今日の先発は清水達也。2017年の夏甲子園優勝投手(花咲徳栄)ですね。
試合前には甲子園歴史館を見学、今日先発の清水投手のグローブも展示されてました。

相手投手も20歳の才木ということで、高卒2年目vs3年目と若い対決です。
そんな若い投手どうしの対決らしく、初回からお互いコントロールに苦しみます。

1回表、ヒットとフォアボール2個で満塁とすると絶好調・周平が1塁線にラッキーなタイムリー。
フェアかファールか、ヒットかエラーかよくわからない感じでしたがとにかく先制します。
するとその裏、清水もヒットとフォアボール2個でこちらも満塁とし、福留のタイムリーで同点。
1回は表裏まったく同じような展開で2点ずつを取り合いました。

続く2回も同じような流れは変わらず、ともに8番からの攻撃で8番が出塁します。
しかし清水はバントを決めて大島のタイムリー3ベースで勝ち越しますが
才木のバントは清水・京田が好プレーでセカンドアウト。阪神は点が取れませんでした。

そのまま3-2で迎えた4回裏、ノーアウト1・2塁とピンチを迎え木浪の当たりは右中間へ。
同点・逆転を覚悟した打球でしたがこれをライト平田がナイスキャッチ。
2アウト後の近本も良い当たりながらセンター大島がナイスキャッチと
ドラゴンズが誇るゴールデングラブコンビが清水を援護します。

すると続く5回表、2アウトからビシエドの打球が才木の足を直撃すると
ここから周平もヒットで続き、阿部の大飛球がレフトを越えて2点タイムリー。
良い時の福留ならジャンピングキャッチで取れた打球に見えましたが、ラッキーでした。
(その前の大島のスリーベースも上手い外野なら取れたフライなような・・・)

結局清水はコントロールに苦しみつつも5回2失点で降板。
このリードを岡田→ロドリゲス→マルティネス→鈴木ヒロシで守り、清水はプロ初勝利です。

いや今日は完全に守備の差で勝利したと言っていいですね。
ドラゴンズの点は全部上手い野手なら取れてた可能性ありますし、
一方で平田のスーパープレイ。周平や京田にもファインプレーがありました。

これで6カードぶりに勝ち越し。個人的にも関西遠征2連勝と上々な気分です。
次は不調のベイスターズ戦。アウェイですが連続カード勝ち越しを狙いましょう。



nice!(1)  コメント(0) 

20190511 ○中5-1神 【現地観戦】初の甲子園観戦。柳の好投で見事勝利 [観戦日記]

ウチ|300 000 011| 5
----+---+---+---|-
テキ|000 000 001| 1

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051102/top

土日を利用してはじめての甲子園観戦に。
(正確には大昔に高校野球を見に来たことはある)
甲子園球場、なんかメジャーっぽい雰囲気ですね。
神宮とも横浜スタジアムともちょっと違う感じ。
そして当たり前だけど客層が関西人ばっかり!売り子に絡むテンションが関西!

いやそれにしても暑い。日差しがもろにあたる角度な上に逃げ場が一切ない。
これは日焼けもだし酒なんか飲んだら脱水症状待ったなしですわ。

さてそんななか試合開始、でいきなりドラゴンズ打線が猛攻です。
大島・平田が出るとここ最近絶好調の5番周平が右中間に2点タイムリーで先制。
さらに続く阿部が1・2塁間を抜くタイムリーでさらに1点。
メッセンジャーからいきなり3点を先制します。

一方、先発柳は先日の8失点が嘘のような安定したピッチング。
3~4回には6連続三振を取るなど8回無失点・12奪三振という最高の結果でした。
良い時の柳はランナーを出しても2アウトからなのが良いですね。
今日も先頭を出したのは京田のエラーの時だけでした。京田はうっかり送球ミスを反省しましょう。

そして3-0のまま進んだ試合、そろそろ追加点欲しいよなあと思い続けていたのですが
ようやく8回、周平のタイムリーで追加点が入ると9回には福田がホームラン。
この2点でだいぶ楽になりました。願わくばビシエドがもうちょっと当たっていればもっと楽だったのですが。
9回はロドリゲスがピンチを迎えたものの、内野ゴロの間の1点に抑えてゲームセット。
このカードを1勝1敗とし、明日のプロ初先発・清水に久々のカード勝ち越しを賭けます。

ところで今日の甲子園はレディースユニ配布だったようで。
ユニフォーム配布デーに弱いのはウチだけじゃないんだなとひと安心する一方、
試合展開もあるとはいえ、ユニフォーム配布デーってやっぱり応援に迫力がないですね。
阪神ファンですらそういうものなのか、というのはちょっと新鮮でした。
さーて明日も勝って勝ち越して帰るぞ~~



nice!(0)  コメント(0) 

20190510 ●中3-7神 又吉が早々KO。2アウトから失点・投手に打たれる悪いパターン [試合メモ]

ウチ|020 000 100| 3
----+---+---+---|-
テキ|050 010 01x| 7

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019051002/top

12連戦から1日おいて、今日からは甲子園で3連戦。
先発は又吉と西。2回表、周平がポールに当たる2ランで先制。
周平はこないだの広島戦あたりから完全に復調、どころか絶好調ですね。
しかしその裏、又吉がマルテにまさかの同点2ランホームランを打たれると
2アウトからピッチャー西にヒットを打たれ、そのまま近本・糸原と3連打で逆転。
さらに大山にもタイムリーを浴びて一挙5失点。
2アウトからピッチャーに打たれ、そこから崩れるという一番まずいパターンが出てしまいます。

打線はここから西が打てず、早々にマウンドを降りた又吉に替わって出た小熊も1失点。
ちなみに小熊も2アウトから西を歩かせたりしてました。
7回にやっとノーアウト1・3塁とビッグチャンスを作りますが
ここで代打福田が痛恨のゲッツー。1点は入りますが、これは向こうにしたらあげてもいい1点。
一方で8回はここのところ調子を崩していた谷元が調整どころかここでも1失点。
結局このまま3-7で敗戦。いいところと言えば周平が3安打したくらいでしょうか。

ドラゴンズは4月下旬から続いている連続カード負け越しを食い止めるためにも、
個人的には明日から甲子園で観戦予定、ということで明日明後日は連勝を期待したいです。



タグ:阪神
nice!(1)  コメント(0) 

20190508 ●中2-3広 12連戦最後も惜敗。代打の人選にはやや疑問 [試合メモ]

テキ|300 000 000| 3
----+---+---+---|-
ウチ|020 000 000| 2

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2019050803/top

12連戦もいよいよ最終戦。
4カード連続負け越し中のドラゴンズ、久々勝ち越しをかけますが
先発のロメロが立ち上がりから崩れます。
先頭フォアボールの野間を牽制でおびき出したのにビシエドの2塁送球が
野間の頭にあたって外野へ。この間に野間が3塁に進み、続く菊池の内野ゴロで先制。
まあこの1点は不運だったししょうがないか、と思っていたら
続くバティスタがレフトにホームラン。さらに鈴木がセンターにホームラン。
昨日の「左中間に塩まいといて」の成果がこんな形で出てしまうとは。

ロメロはこの後も無失点ながら落ち着きのないピッチング。
5回3失点(自責2)なので仕事はしましたが、どうにもムラがありますねえ。

一方の打線、2回にビシエド・阿部・周平の3連続ヒットで一点を返し
久々スタメンの伊藤康が内野ゴロを打って2点目。すぐに1点差とします。

しかしここから大瀬良が立ち直り、まったくチャンスを作ることができませんでした。
結局このまま2-3で逃げ切られ、前回に続いて大瀬良に完投負けです。

うーむ、基本的に采配に不満はなかったんですが
ちょっと8回の代打攻勢の人選は疑問ですね。
8回開始時点で控え野手は石川・福田・堂上・遠藤・井領(+松井雅人と大野奨太)。
結果として出てきたのは井領と堂上だったのですが、この意図がよくわからないのです。
先頭は出塁率の高いところ、で遠藤か井領のうち遠藤は走塁守備要員でもあるので井領。
その意図はまだわかるのですが、その考え方ならユーティリティ堂上はとっておいて
打撃寄りな石川か福田ではないのか。逆にここが堂上なら先頭は遠藤ではないのか。
どうも自分は堂上を守備要員で見ている(阿部のセカンド守備は心もとないし、亀澤いないし)
のですが、首脳陣は堂上の打撃に期待しているのかもしれませんね。



タグ:広島
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -